Behind the Days

アクセスカウンタ

zoom RSS 毎年8月になると繰り返し紹介される話に嫌な気持ちになる。広島・長崎に関わることだ。

<<   作成日時 : 2010/08/14 03:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

それは、「これ以上、悲しき犠牲を増やさないために必要なことだった」という海の向こうの人たちのコメントだ。

しかも、「そうなって当然だ」というニュアンスが例外なく含まれている気がする。何かおかしい気がするのは私だけか。

その方たちに質問してみたい。仮に、極悪非道の指名手配犯が逃亡中だと仮定してみる。その時、あなたは犯人の家族・親類を『みなX"Xし』にすることに同意するだろうか?自分のその手で実行できるのだろうか?いまだに『和平交渉』が頓挫している地域の人たちはYesと答えるだろうか。私はそのような意見の方々と直接話をしたことがない。そういう人は存在していないと思いたい。いたずら好きのマスコミの捏造であれば良いと思う。

典型的な童話に『ももたろう』がある。これは日本の話だろうか。遠く離れた鬼が島のことを誰も正確に理解しようとはしない。おかしな話だ。理解しようとしないことが、上記のようなコメントをすることの背景になっているということか。刷り込まれた先入観念をくつがえすことは簡単ではないことは理解できる。でも、それを考慮せずに統計を取るのはまったく公平ではないことに気がつくべきだ。なんでもかんでも数値化して比較すればよいと思うのは浅はかだ。要するに現実を見ようとしていないという怠慢である。

我々人間にも文明社会を築く機会を与えてくれている『地球』の立場から考えたらどうなるだろう。
「これ以上、悲しき犠牲を増やさないために例外なしに一掃せざるを得なくなりました。ご了承ください。」
ということになったとしてもだれも文句は言えないだろう。例外なく口がきけなくなるのだから。

今のところ、地球は寛大だ。寛大さは、格別の愛情に基づくものだろう。我々は許されている。まずは一人ひとり、平和と人間活動の矛盾解消への願いを発信していくことから始めるのが良いだろう。草の根運動だが、現代にはインターネットという極めて有用なツールがある。まずは日本語でも良いだろう。日本全体が根本的に変わっていけば、海の向こうの人たちも注目するようになり、自動的に翻訳されていくはずだからだ。

グローバル化によって、本質でないものは淘汰されていくだろう。本物だけが残る。それが宇宙の法則だろう。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「毎年8月になると繰り返し紹介される話に嫌な気持ちになる。広島・長崎に関わることだ。」について
「毎年8月になると繰り返し紹介される話に嫌な気持ちになる。広島・長崎に関わることだ。」について 全く同感です。というか、ズバリ感があってとっても良かったです。  政治家にも素直にこの辺のことが表現できる人がいないのでしょうか。あの薬害エイズの〇〇議員あたり挑戦していただきたいです(菅総理もそうだったと思いますが)。みんなの力が地球を救う! ...続きを見る
もしかして・・・。
2010/08/27 15:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
毎年8月になると繰り返し紹介される話に嫌な気持ちになる。広島・長崎に関わることだ。 Behind the Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる