Behind the Days

アクセスカウンタ

zoom RSS 20年間、原子力発電所の現場で働いていた故・平井憲夫氏、「原発とはこういうもの」と警告

<<   作成日時 : 2011/04/16 14:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

これを読めば、もはや政府や東電に何かを期待すること自体、
全く意味がないことに気が付くでしょう。
これでもまだ、「不安をあおるのはやめましょう!」
と言いますか?
今、日本は非常事態です。いまだ解決していません。



***********************

「原発がどんなものか知ってほしい」(平井憲夫)
http://www.iam-t.jp/HIRAI/index.html
http://web.archive.org/web/20050206125514/http://genpatsu_shinsai.at.infoseek.co.jp/

(以下、トップページのみ転載)

私は原発反対運動家ではありません。二○年間、原子力発電所の現場で働いていた者です。原発については賛成だとか、危険だとか、安全だとかいろんな論争がありますが、私は「原発とはこういうものですよ」と、ほとんどの人が知らない原発の中のお話をします。そして、最後まで読んでいただくと、原発がみなさんが思っていらっしゃるようなものではなく、毎日、被曝者を生み、大変な差別をつくっているものでもあることがよく分かると思います。

 1.私は原発反対運動家ではありません
 2.「安全」は机上の話
 3.素人が造る原発
 4.名ばかりの検査・検査官
 5.いいかげんな原発の耐震設計
 6.定期点検工事も素人が
 7.放射能垂れ流しの海
 8.内部被爆が一番怖い
 9.普通の職場環境とは全く違う
10.「絶対安全」だと5時間の洗脳教育
11.だれが助けるのか
12.びっくりした美浜原発細管破断事故!
13.もんじゅの大事故
14.日本のプルトニウムがフランスの核兵器に?
15.日本には途中でやめる勇気がない
16.廃炉も解体も出来ない原発
17.「閉鎖」して、監視・管理
18.どうしようもない放射性廃棄物
19.住民の被曝と恐ろしい差別
20.私、子供生んでも大丈夫ですか。たとえ電気が
   なくなってもいいから、私は原発はいやだ。
21.原発がある限り、安心できない

※筆者「平井憲夫さん」について:
 1997年1月逝去。
 1級プラント配管技能士、原発事故調査国民会議顧問、
 原発被曝労働者救済センター代表、北陸電力能登(現・志賀)原発
 差し止め裁判原告特別補佐人、東北電力女川原発差し止め裁判
 原告特別補佐人、福島第2原発3号機運転差し止め訴訟原告証人。
 「原発被曝労働者救済センター」は後継者がなく、閉鎖されました。

***********************


【関連ブログ】
 EiFYE氏の『Re:原発がどんなものか知ってほしい』に関連するメモ
 http://behind-the-days.at.webry.info/201209/article_9.html








Plutonium Fukushima Nuclear Plant Radioactive Contamination
チェルノブイリ ベラルーシ バルト海 アイリッシュ海 福島第一原子力発電所 原発 プルトニウム がん 癌 ガン 白血病 心筋梗塞 内部被爆 外部被爆 被爆量 被爆線量 放射線量 症状はいつ出るのか 発症率 死亡率

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
20年間、原子力発電所の現場で働いていた故・平井憲夫氏、「原発とはこういうもの」と警告 Behind the Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる