Behind the Days

アクセスカウンタ

zoom RSS 原子力安全委・班目春樹委員長、たった2時間で学校基準積算20mSvは妥当と回答 議事録もなし

<<   作成日時 : 2011/04/30 21:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

もみ消されないうちに、以下に記事を転載しておく。

原子力安全委員会は班目春樹委員長の独裁なのか。
各委員に電話を掛ければ審議が終わるのだろう。
自分の知識のみが唯一の拠りどころ。
すでに現役でないだけでなく、
もともとシビアアクシデントへの判断能力があるのか疑わしい。
彼らが現地住民のことを大事に思っているかどうかは
定かではない。

これまでの原子力安全委員会の対応を見る限り、
危機管理能力がないのは明白。
そんな相手に助言を求めている政府に、
我々は何を期待すれば良いのだろうか。

危機管理能力のないもの同士の基準作り。
それに振り回されて犠牲になるのは子供達。
それで良いのか?

本当に福島県の住民の未来を考えているのか?
そんな環境に自分の子供を通わせたいと思う親はいない。
そこに政府官僚や東電幹部のお子様は通わない。

良心の呵責から警告を発する専門家はちゃんといる。
今の所、彼らへの弾圧、口封じはそれほど強くはないようだ。
それが救いだ。

政府頼みは危険だ。自分の家族は自分で守る。
それしかない。



**********************

共同通信         2011/04/30 20:03
http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011043001000786.html

審議2時間で「妥当」判断 原子力安全委、学校基準で

 福島第1原発事故で、文部科学省から小中学校などの屋外活動を制限する基準値への助言を求められた国の原子力安全委員会(班目春樹委員長)が、正式な委員会を招集せず、助言要請から約2時間後には「妥当だ」との助言をまとめ、回答していたことが30日、関係者の話で分かった。

 委員会が開かれなかったため議事録も作られておらず、助言までに至る議論の内容が確認できないことも判明。審議の検証ができなくなった異例の事態に「国の政策を追認しただけだ」と批判の声が上がっている。

 子どもに年間20ミリシーベルトの高い放射線量の被ばくを認めることになる今回の基準に対しては、内外の専門家から批判が続出。29日、内閣官房参与の小佐古敏荘・東大教授が辞任する一因ともなった。

 関係者によると、文科省などが「年間の積算放射線量が20ミリシーベルトに達するかどうかを目安とし、毎時3・8マイクロシーベルトを学校での屋外活動の基準とする」との原案への助言を安全委に求めたのは19日午後2時ごろ。安全委側は正式な委員会を開かず「委員会内部で検討し」(関係者)、午後4時ごろに「妥当だ」と回答した。だが、議事録が残っていないため、安全委内部でどのような議論が行われたかは明らかでないという。

 安全委事務局は事実を認めた上で「9日ごろに文科省から相談したいとの依頼があり、委員らが複数回議論し、その都度結果を文科省に口頭で連絡していた。(正式な検討時間の)妥当性については発言する立場にない」としている。

 基準の撤回を求めている環境保護団体、FoE(地球の友)ジャパンの満田夏花さんは「独立した規制機関であるはずの安全委員会が、ほとんど議論もせずに国の政策を追認したことは明らかだ」と指摘。「子どもの健康を守るという重要な責務も、社会への説明責任もまったく果たしていない」と批判している。

**********************








Plutonium Fukushima Nuclear Plant Radioactive Contamination
チェルノブイリ ベラルーシ バルト海 アイリッシュ海 福島第一原子力発電所 原発 プルトニウム がん 癌 ガン 白血病 心筋梗塞 内部被爆 外部被爆 被爆量 被爆線量 放射線量 症状はいつ出るのか 発症率 死亡率

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
原子力安全委・班目春樹委員長、たった2時間で学校基準積算20mSvは妥当と回答 議事録もなし Behind the Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる