Behind the Days

アクセスカウンタ

zoom RSS 和訳「燃料棒の破片が2号機の外で発見され、現在ブルドーザで土をかぶせられている」(2011-4/7)

<<   作成日時 : 2011/09/29 19:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

"Broken pieces of fuel rods have been found outside of Reactor No. 2, and are now being covered with bulldozers"

in The New York Times, Published: April 7, 2011,
”Powerful Aftershock Complicates Japan’s Nuclear Efforts”,
http://www.nytimes.com/2011/04/08/world/asia/08japan.html?hp

和訳すると、
「燃料棒の破片が2号機の外で発見され、現在、ブルドーザで土をかぶせられている」

土に埋められた燃料棒の破片がいつ取り出されるかということは、
福島第一原発の廃炉スケジュールと密接に関わるはず。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「福島第一原発3号機の爆発についての解説 4月26日」
米国 フェアウィンズ・アソシエーツ社チーフエンジニア
アーニー・ガンダーソン氏
YouTube
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=P4KXX24Dv1U#!

「プラントから2マイルも離れたところから多数の燃料棒の破片が見つかっている」
「超ウラン元素の微粒子がハワイ、西海岸の空気中から検出」
「フクシマの燃料棒が揮発したことを意味する」
「プルトニウム、ウランは2,3マイル離れた所からも検出されている」

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


日本国内で、この情報に関する公式なコメントがない気がするが・・・
探さないと出てこないというのがそもそもおかしい。
このような結果になるようなシステムが出来上がっている。
それが日本の政治とマスコミ(テレビ・新聞)と電力業界の実態なのでしょうか・・・

みなさんは、それでもよろしいのでしょうか?









Plutonium Fukushima Nuclear Plant Radioactive Contamination
チェルノブイリ ベラルーシ バルト海 アイリッシュ海 福島第一原子力発電所 原発 プルトニウム がん 癌 ガン 白血病 心筋梗塞 内部被爆 外部被爆 被爆量 被爆線量 放射線量 症状はいつ出るのか 発症率 死亡率

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
和訳「燃料棒の破片が2号機の外で発見され、現在ブルドーザで土をかぶせられている」(2011-4/7) Behind the Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる