Behind the Days

アクセスカウンタ

zoom RSS 「原発依存度0%」以外を支持する人は少ない?それとも説得力のあるコメントを発することが出来ないのか?

<<   作成日時 : 2012/08/14 11:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

〆切翌日の時点で、「原発依存度0%を支持する内容が多いのでは」
というコメントが表に出てくるということ。
さらに、これまで政府や権力者にとって不都合な情報が
国民に対して正確には伝えられてこなかったという事実から逆算すると、
以下のことが想像できる。
「原発依存度0%を支持する内容がほとんどだった。
 原発再稼動に向けてこれからどうやってごまかそうか・・・」
そうであれば、なんとレベルの低い浅はかな思想だろうと思う。

あるいは、「原発依存度0%」以外を支持する人について、
次のようなことも考えられる。
・世界平和・人類愛に立脚した思想を持っていないので、
 国民全体に向けて説得力のあるコメントを発することが出来ない。
・要するに、人間としての社会性に欠けている。
・立派な社会人のような顔をしながらも、他人とのつながりを大事に思っていない。

もし、「そうではない!」というのなら、きちんと否定する意見を言うべきだ。
もちろん相手の心を動かす説得力のある意見であることを強く望む。

陰でこそこそ動く存在はおぞましいが、そんなもの恐れるに足らない。
そういう存在同士は、たとえ一時協力し合うことがあったとしても、
心底お互いを仲間として信頼し合うことがないからだ。
結局、バラバラなままだから、負け犬の遠吠えで終わるのだ。

彼らのレベルの観点で見たら、彼らは成功したと思っているだろう。
でも、他人とのつながりを大事にする観点では、
彼らの成功など見掛け倒しに過ぎない。
物欲・金銭欲・支配欲を超越した全く次元の異なる
成功・幸せがあるのだ。
彼らはそれを忘れ去ったか、拒否しているか、
あるいは理解できないでいるのだろう。
それは彼らの”自己責任”というものだ。好きにすればよい。
我々がなんとかしてあげる話ではない。

より多くの人々の間で、明るい未来へのイメージを共有する。
協調の中に生じる相乗効果。それが最も有効な力。
それが彼らに欠けているものである。
相手を思いやり、信頼し合えるかどうかがカギを握っている。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/120814/cpd1208140501001-n1.htm
http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/120814/cpd1208140501001-n2.htm

SankeiBiz
社会

「原発意見公募に8万件超 比率3選択肢、専門家会合で検証へ」

2012.8.14 05:00

 政府は13日、2030年の全発電量に占める原発比率などを提示した3つの選択肢に対するパブリックコメント(意見公募)の応募が8万件を超えたと発表した。国民からの意見を検証する専門家会合を週内にも立ち上げるが、原発政策の方向性を示す「革新的エネルギー・環境戦略」にどこまで反映されるかは不透明だ。

 7月2日に始まった意見公募は8月10日時点で約5万件だったが、締め切りの12日にかけて急増した。「原発依存度0%を支持する内容が多いのでは」(内閣府関係者)との見方がでている。

 政府は世論を探るため、パブコメのほか、全国11都市で開いた意見聴取会や、286人が参加した「討論型世論調査」を実施してきたが、調査結果の扱いを明らかにしないことに批判が出ていた。これを受け、専門家会合では学者らが結果を検証、議事はインターネット中継などで公開し、透明性や中立性を印象づける狙い。ただ、膨大な意見に対して会合は「数回程度」にとどまる見通しで、「物理的な制約もあり、どこまで結果を反映できるか分からない」(政府関係者)。

 また、民主党は政策調査会に「エネルギー・環境調査会」(仮称)を近く新設し、原発比率の選択肢についても議論する見込み。政府は党側との調整も迫られることになり、「国民的議論」を掲げて実施した調査結果を政策決定に生かすのはさらに困難な状況だ。

 このため今月中を目指してきた革新的エネルギー・環境戦略の策定は、9月以降にずれ込む見通し。古川元久国家戦略担当相は13日の記者会見で、「選択肢を選ぶだけでなく、考え方も丁寧に分析する必要がある。専門家に意見をいただいて、整理していきたい」と述べた。

 政府は中長期的な電源構成の選択肢として、30年時点の発電量に占める原発比率が「0%」「15%」「20〜25%」の3案を提示している。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−








関連ブログ

ドイツZDFテレビ「フクシマのうそ」に不安を煽られて、そして、一歩踏み出しましょう。明るい未来へ。
http://behind-the-days.at.webry.info/201208/article_9.html

「エネルギー・環境に関する選択肢」パブリックコメント 〆切2012-8/12 原発とエネルギー政策
http://behind-the-days.at.webry.info/201208/article_8.html

たばこ産業と原子力産業の主張の類似性
http://behind-the-days.at.webry.info/201208/article_6.html

関西電力のホームページの<お便り> やらせ? そんなお便りを送る人はいないのでは?
http://behind-the-days.at.webry.info/201208/article_5.html

【これから起こること】チェルノブイリ事故とバルト海、アイリッシュ海、EU:福島原発事故と日本
http://behind-the-days.at.webry.info/201208/article_3.html

『封印された「放射能」の恐怖 フクシマ事故で何人がガンになるのか』(クリス・バズビー著)を読んだ。
http://behind-the-days.at.webry.info/201208/article_2.html

安心できる平和な人間社会の構築のために。 タバコ、脱原発、いじめ、家族の絆、そして、自分の本質へ。
http://behind-the-days.at.webry.info/201207/article_5.html

使用済み核燃料貯蔵プールが満杯になる時期と10万年間使用済み核燃料を安定に保管し続ける超革新的技術
http://behind-the-days.at.webry.info/201207/article_4.html

意見公聴会で東北電力・岡信慎一執行役員(企画部長)「会社の考え方を話したい」・・・お呼びでない
http://behind-the-days.at.webry.info/201207/article_3.html










Plutonium Fukushima Nuclear Plant Radioactive Contamination
チェルノブイリ ベラルーシ バルト海 アイリッシュ海 福島第一原子力発電所 原発 プルトニウム がん 癌 ガン 白血病 心筋梗塞 内部被爆 外部被爆 被爆量 被爆線量 放射線量 症状はいつ出るのか 発症率 死亡率

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「原発依存度0%」以外を支持する人は少ない?それとも説得力のあるコメントを発することが出来ないのか? Behind the Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる