Behind the Days

アクセスカウンタ

zoom RSS たとえば1000Bqの放射性微粒子1個を生体細胞に付着させたら、その部位では局所的に何が起こるのか?

<<   作成日時 : 2012/09/22 23:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

専門家はこんな感じの実験をし、一般国民(素人)に理解できるような形で、その結果を知らせる時期だと思う。
          ↓
『たとえば1000Bqの放射性微粒子1個を生体細胞に付着させたら、その部位では局所的に何が起こるのか?』

すでに、土壌表面の放射性物質量が増えているという報告を目にしている。
心配にならない人がいるのなら、うらやましく思う。
関連サイトを以下にメモしておく。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【メモ1】東京で放射性セシウム濃度が1キロあたり3千ベクレル超え。近畿大・山崎秀夫教授の調査。2011年5月 → 『東京の一部で高濃度 土壌セシウム茨城超す』2011年5月15日 朝日新聞 朝刊5面 http://www.qetic.jp/blog/pbr/archives/3531

【メモ2】八王子市民放射能測定室が独自検査で。2011年10月に採取。 → 『東京都国分寺市の土壌から、セシウム1829ベクレル』2012-06-19 http://d.hatena.ne.jp/rakkochan+zaiseihatan/20120619/p1

【メモ3】地表面蓄積量(Bq/m2)を土壌中放射能濃度(Bq/kg)に換算。「土壌の密度を1.3g/cm3とし、土壌採取深さ5cm中にほぼ全ての放射性セシウムが沈着と仮定」 → 東京被曝対策情報『東京で被曝対策をして生きるということ』 http://hibakutokyo.com/3-%E3%81%A9%E3%81%AE%E7%A8%8B%E5%BA%A6%E3%81%AE%E6%B1%9A%E6%9F%93%E5%BA%A6%E3%81%AA%E3%82%89%E4%BD%8F%E3%82%81%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B/

【メモ4】「新宿区内・・・都内の基準の場所・・・311前は1.5Bq/kg程度までだったのが、去年の秋には790Bq/kg程度に」 → 『東京23区の汚染状態の確認。セシウム合算で平均1,006Bq/kgでキエフを越える汚染の可能性』2012-03-23 http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/6ffe54f6c3c9f8a5f440edea1210ff41
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−









テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
たとえば1000Bqの放射性微粒子1個を生体細胞に付着させたら、その部位では局所的に何が起こるのか? Behind the Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる