Behind the Days

アクセスカウンタ

zoom RSS 『「名雪氏解任を」 原発被災者団体』 【朝日新聞】 山形大学長・結城章夫氏は「考えていない」と

<<   作成日時 : 2013/04/20 12:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

原子力規制庁審議官を2月に更迭された名雪哲夫氏に関するニュース続報。

山形大学長・結城章夫氏が要求を受け入れない場合、文科省に名雪氏の人事撤回を申し入れるそうだ。

結城章夫氏は、旧・科技庁で主に原子力安全や研究開発行政に携わった後に、文部科学省、事務次官、2007年7月から山形大学学長。同じく文部科学省出身の名雪哲夫氏とのつながりはあって当然。同じ穴のムジナということ。

非難は当然のことだろう。見識を疑われているのだから。でも、見識という概念を持っていない人間に何を言っても無駄な気もする。

文科省をバックに持つ元官僚は手強い。このまま、乗っ取られるのか。
さあ、どうする。山形大学。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
朝日新聞 2013年4月19日
http://www.asahi.com/area/yamagata/articles/MTW1304190600001.html

「名雪氏解任を」 原発被災者団体

 山大学長に要求

 原子力規制庁審議官を2月に更迭された名雪哲夫氏(54)を山形大学が文部科学省から教授として迎えた件で、「福島原発被災者フォーラム山形・福島」の武田徹代表らが18日、結城章夫学長と面会して名雪教授の解任を強く求めた。これに対し結城学長は「原発事故に対する福島の方々の苦しみ、悲しみ、怒りはよくわかるが、それと名雪問題は少し違う面がある、と説明した」と取材に答え、名雪氏の解任は「考えていない」と述べた。

 被災者団体と結城学長の面会は冒頭のみ公開で、40分近くにわたった。

 武田代表らは、原子力規制庁の審議官だった名雪氏が日本原子力発電敦賀原発の断層調査の報告書原案を日本原電側に渡していた行為を問題視し、そのような人物を教授として迎えた結城学長の行為は「福島原発事故で山形県内に避難しているおよそ9千人の人々や苦悩の日々を送る福島県人の心を、土足で踏みにじるがごとき暴挙」と非難した。

 これに対して結城学長は名雪氏を迎えた理由を説明し▽名雪氏への処分はすでに終わり、本人も反省していること▽規制庁時代の仕事と山大での仕事(重粒子線プロジェクト)は違うことなどを「丁寧に説明した」という。

 面会後に県庁で記者会見した武田代表らは「名雪氏の行為は懲戒解雇に値するものと考えている。それを懲戒処分でもなく、決着した問題だと話す学長の認識は、一般常識とかけ離れている」と述べ、要求が受け入れられない場合、文科省に名雪氏の人事撤回を申し入れるという。









テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『「名雪氏解任を」 原発被災者団体』 【朝日新聞】 山形大学長・結城章夫氏は「考えていない」と Behind the Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる