Behind the Days

アクセスカウンタ

zoom RSS 石炭火力発電設備の輸出拡大 震災以降2千万キロワット分 (原発20基分に相当)

<<   作成日時 : 2013/04/26 18:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「調べで分かった」というより、全部把握していたけど隠していた。
「(経産省幹部)インフラ開発と環境の両面で世界に貢献できる」と言うのなら、原発はなくて構わない。

画像


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
河北新報 2013年04月20日土曜日

『石炭火力発電設備の輸出拡大 震災以降で2千万キロワット分』
http://www.kahoku.co.jp/news/2013/04/2013042001001924.htm

 東芝、日立製作所などの日本メーカーが発電コストの安い石炭火力の輸出を拡大、東日本大震災以降に受注した設備規模の合計は原発約20基分の約2千万キロワットに達したことが20日、経済産業省などの調べで分かった。
 発電効率が高い日本の石炭火力は、電力需要が膨らむアジアの新興国や設備更新を急ぐ東欧などで引き合いが強い。日本政府も有望分野として支援しており、成長戦略にも石炭火力の輸出促進を盛り込む方針だ。
 石炭は価格が液化天然ガス(LNG)の3分の1ほどで、燃料費の安さから石炭火力は世界の発電電力量の約4割を占めている。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−









テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
石炭火力発電設備の輸出拡大 震災以降2千万キロワット分 (原発20基分に相当) Behind the Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる