Behind the Days

アクセスカウンタ

zoom RSS 年間1mSv程度、累積4mSv程度以上の自然ガンマ線にすらも、”その被ばく量に相応の”白血病リスク

<<   作成日時 : 2013/05/31 11:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「年間1mSv程度、累積4mSv程度以上の自然ガンマ線にすらも、”その被ばく量に相応の”白血病リスクが存在しうることが示されている」

井田真人氏(日本原研)が『曲解されたUNSCEARレポート−誤って伝えられた被ばくの健康リスク』(科学、2013年4月号)で上記のように引用した論文はこれです。専門用語に慣れていない私が訳すと問題が出てくるかもしれないので、いくつかの要点だけメモするにとどめる。


【2015-5/29追記】 スイスのグループによる最近の類似研究報告論文を末尾に記載した。200万人規模の大母集団における低線量域の環境放射線と小児がんリスクに関する調査研究の報告である。



-----------------------------------------------
http://www.nature.com/leu/journal/v27/n1/full/leu2012151a.html

Leukemia (2013) 27, 3.9; doi:10.1038/leu.2012.151

(FREE)
LEADING ARTICLE
A record-based case-control study of natural background radiation and the incidence of childhood leukaemia and other cancers in Great Britain during 1980-2006

G M Kendall 1, M P Little 2, R Wakeford 3, K J Bunch 1, J C H Miles 4,6, T J Vincent 1, J R Meara 5 and M F G Murphy 1

1 Childhood Cancer Research Group, University of Oxford, Oxford, UK
2 Radiation Epidemiology Branch, National Cancer Institute, Bethesda, MD, USA
3 Dalton Nuclear Institute, The University of Manchester, Manchester, UK
449 Nobles Close, Grove, Oxfordshire, UK
5 Health Protection Agency, Centre for Radiation, Chemical and Environmental Hazards, Oxon, UK
Correspondence: Dr GM Kendall, Childhood Cancer Research Group, University of Oxford, New Richards Building, Old Road Campus, Headington, Oxford OX3 7LG, UK. E-mail: Gerald.Kendall@ccrg.ox.ac.uk

6 Formerly Health Protection Agency, Oxon, UK.

Received 27 March 2012; Revised 28 May 2012; Accepted 30 May 2012
Accepted article preview online 5 June 2012; Advance online publication 6 July 2012

Keywords: cancer; childhood; radiation; radon; gamma rays
-----------------------------------------------


Abstractの重要と思われる一部を抽出しメモ。
(正確さに自信がない部分もあるので、要原文確認。)
           ↓
(1)小児がんと自然放射線量の間の関連性について調査をしてきた。

(2)1980-2006年に英国で生まれてがん発症が認められた人27,447人とがんが発症しなかった人36,793人が調査対象。

(3)出生時における母親の居住地のガンマ線被曝量を用いた。

(4)赤色骨髄における累積ガンマ線被曝線量1mSv当たりの小児が白血病を発症する過剰相対リスク(ERR)は12%。

(5)この研究結果は、高線量リスクモデルを自然放射線による(低線量?)被曝レベルまで外挿すること(の妥当性?)を支持するものである。


また、本文ではここが興味深い所。
           ↓
(6)白血病を発症する過剰相対リスク(ERR)の(段階的?)増加があった。すなわち、過剰分は常にポジティブ(負ではなく正)であり、4.1mGyを超える被曝量において統計的に顕著であった。(Fig.1の説明)
"There was a progressive increase in leukaemia ERR with dose: the excess was always positive, and statistically significant for doses >4.1 mGy. "
※例えば、ガンマ線(放射線荷重係数1)による全身への外部被曝であれば実効線量は4.1mSvとなるのでよかったか?

追加 2013-6/4
(7)結論の最後の文 『本研究の結果は、非常に低い被曝線量総量や被曝線量率において、「人体に有害な放射線被曝の効果は存在しない。それどころか、人体に有益な効果さえあるかも知れない」という思い付きに対して、矛盾するものである。』 (訳は、これで正しいだろうか・・・)
"The results of the study contradict the idea that there are no adverse radiation effects, or might even be beneficial effects, at these very low doses and dose-rates."




【考察】
例えば、1年間に限って上記の結果を適用してみよう。

環境放射線量率の観測値が0.11μSv/hであれば、
0.11μSv/h × 24時間 × 365日 ≒ 1.0mSv → 相対リスク約1.12倍

同様に、
0.23μSv/h × 24時間 × 365日 ≒ 2.0mSv → 相対リスク約1.24倍

0.46μSv/h × 24時間 × 365日 ≒ 4.0mSv → 相対リスク約1.48倍

という感じで正しいだろうか。
(累積期間の定義がまだ読み取れていないが、4年間なら過剰相対リスクも4倍ってこと?)

-----------------------------------------------

-----------------------------------------------
【関連論文】 【2015-5/29追記】
 スイスのグループによる最近の類似研究報告論文。200万人規模の大母集団における低線量域の環境放射線と小児がんリスクに関する調査研究の報告である。


参考のために最後の結論の一文だけを和訳しておこう。

「我々の研究結果から、(低線量域の)環境放射線が白血病や中枢神経系のがんを含む小児がんのリスクを高める可能性があることが提案される。」

         ↓

Environ Health Perspect

http://dx.doi.org/10.1289/ehp.1408548
Received: 11 April 2014
Accepted: 28 January 2015
Advance Publication: 23 February 2015

Background Ionizing Radiation and the Risk of Childhood Cancer: A Census-Based Nationwide Cohort Study

Ben D. Spycher,1 Judith E. Lupatsch,1 Marcel Zwahlen,1 Martin Röösli,2,3 Felix Niggli,4 Michael A. Grotzer,4 Johannes Rischewski,5 Matthias Egger,1 and Claudia E. Kuehni1 for the Swiss Pediatric Oncology Group and the Swiss National Cohort Study Group

Author Affiliations
1 Institute of Social and Preventive Medicine (ISPM), University of Bern, Bern, Switzerland;
2 Swiss Tropical and Public Health Institute, Basel, Switzerland;
3 University of Basel, Basel, Switzerland;
4 Department of Oncology, University Children’s Hospital Zurich, Zürich, Switzerland;
5 Department of Oncology/Hematology, Children’s Hospital, Cantonal Hospital Lucerne, Lucerne, Switzerland

Abstract
Background: Exposure to medium or high doses of ionizing radiation is a known risk factor for cancer in children. The extent to which low dose radiation from natural sources contributes to the risk of childhood cancer remains unclear.

Objectives: In a nationwide census-based cohort study, we investigated whether the incidence of childhood cancer was associated with background radiation from terrestrial gamma and cosmic rays.

Methods: Children aged <16 years in the Swiss National Censuses in 1990 and 2000 were included. The follow-up period lasted until 2008 and incident cancer cases were identified from the Swiss Childhood Cancer Registry. A radiation model was used to predict dose rates from terrestrial and cosmic radiation at locations of residence. Cox regression models were used to assess associations between cancer risk and dose rates and cumulative dose since birth.

Results: Among 2,093,660 children included at census, 1,782 incident cases of cancer were identified including 530 with leukemia, 328 with lymphoma, and 423 with a tumor of the central nervous system (CNS). Hazard ratios for each mSv increase in cumulative dose of external radiation were 1.03 (95% CI: 1.01, 1.05) for any cancer, 1.04 (1.00, 1.08) for leukemia, 1.01 (0.96, 1.05) for lymphoma, and 1.04 (1.00, 1.08) for CNS tumors. Adjustment for a range of potential confounders had little effect on the results.

Conclusions: Our study suggests that background radiation may contribute to the risk of cancer in children including leukemia and CNS tumors.
-----------------------------------------------













テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
年間1mSv程度、累積4mSv程度以上の自然ガンマ線にすらも、”その被ばく量に相応の”白血病リスク Behind the Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる