Behind the Days

アクセスカウンタ

zoom RSS 【政府、被曝量の自己管理を提案 「除染完了」説明会で】 朝日新聞

<<   作成日時 : 2013/07/04 19:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

原発推進するということは、こういうことです。自己防衛するしかありません。いざという時には、誰もあなたの家族を守ってあげることはできません。放射能てんでんこ。

復興庁・秀田智彦統括官付参事官のお言葉
         ↓
「無尽蔵に予算があれば・・除染できるが、とてもやりきれない。希望者には線量計で一人ひとり判断してもらうという提案が(政府側から)あった」


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
朝日新聞  2013年6月29日7時1分

政府、被曝量の自己管理を提案 「除染完了」説明会で

http://www.asahi.com/politics/update/0629/TKY201306280625.html?tr=pc


 【青木美希】政府が福島県田村市の除染作業完了後に開いた住民説明会で、空気中の放射線量を毎時0・23マイクロシーベルト(年1ミリシーベルト)以下にする目標を達成できなくても、一人ひとりが線量計を身につけ、実際に浴びる「個人線量」が年1ミリを超えないように自己管理しながら自宅で暮らす提案をしていたことが分かった。

「その気なら増産してもらう」
 田村市都路(みやこじ)地区は避難指示解除準備区域に指定され、自宅に住めない。政府が計画した除染作業は一通り終わったが、住宅地は平均毎時0・32〜0・54マイクロにとどまり、大半の地点で目標に届かなかった。政府は今月23日に住民説明会を一部非公開で開いた。

 朝日新聞が入手した録音記録によると、住民から「目標値まで国が除染すると言っていた」として再除染の要望が相次いだが、政府側は現時点で再除染に応じず、目標値について「1日外に8時間いた場合に年1ミリを超えないという前提で算出され、個人差がある」と説明。「0・23マイクロと、実際に個人が生活して浴びる線量は結びつけるべきではない」としたうえで「新型の優れた線量計を希望者に渡すので自分で確認してほしい」と述べ、今夏のお盆前にも自宅で生活できるようにすると伝えた。

 説明会を主催した復興庁の責任者の秀田智彦統括官付参事官は取材に「無尽蔵に予算があれば納得してもらうまで除染できるが、とてもやりきれない。希望者には線量計で一人ひとり判断してもらうという提案が(政府側から)あった」と述べた。除染で線量を下げて住民が帰る環境を整える従来の方針から、目標に届かなくても自宅へ帰り被曝(ひばく)線量を自己管理して暮らすことを促す方向へ、政策転換が進む可能性がある。

 環境省は取材に対して説明会での同省の発言を否定した。録音記録があり、多くの住民も証言していると伝えたが、明確な回答はなかった。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−






テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【政府、被曝量の自己管理を提案 「除染完了」説明会で】 朝日新聞 Behind the Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる