Behind the Days

アクセスカウンタ

zoom RSS オーストラリアのボブ・カー外相「シリアが化学兵器使用なら、オーストラリアは報復支持」

<<   作成日時 : 2013/08/28 18:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「世界には対応する責任がある」
「いかなる状況であれ、政府が市民に対して化学兵器を使用するという恐ろしい事態には報復しなければならない」
シリア政権の化学兵器使用に対する、オーストラリアのボブ・カー(Bob Carr)外相の言葉だそうだ。

このカー外相の毅然たる発言を、日本政府には見習って欲しいものだ。もちろん、政府が一般市民の味方であって欲しいという意味である。

正直に言うと、この記事で"retaliation"≒”報復”という言葉が使われていることに対して、私は強烈な違和感を感じる。日本語訳が不適切なのか、宗教観の違いのせいなのか。その原因が私には、よくわからない。

地球という一つの惑星の上で、多くの人間が平和に暮らしていくためには、相手への気遣いというものが必要不可欠であるから、それを持たない相手に対しては何かしら懲罰的なものが必要なのかもしれない。しかしながら、それを”報復”とは言わないはずだ。

”報復”は終わりなき不幸の元凶であると、私は考える。この学びは、いつなったら終わるのか。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
Reuters                2013年 08月 28日 17:07 JST
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTYE97R05T20130828

シリアが化学兵器使用なら、オーストラリアは報復支持=外相

[キャンベラ 28日 ロイター] - オーストラリアは、シリアの化学兵器使用疑惑について、国連安全保障理事会で合意が得られなくても報復行動を支持する姿勢を示した。

同国は9月1日から安保理議長国となる。

議長国は安保理諸国の合意を支援する役割だが、ボブ・カー外相は、シリア政権の化学兵器使用が証明されれば、国連が合意に到達しなくても世界には対応する責任があると言明。「われわれは、米国と、同国に同調する諸国が想定している措置に向けて進んでいる。われわれ、また皆の希望は国連の名の支持を得た行動だ。だがそれが不可能なら、いかなる状況であれ、政府が市民に対して化学兵器を使用するという恐ろしい事態には報復しなければならない」と述べた。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
Reuters
http://www.reuters.com/article/2013/08/28/us-syria-crisis-australia-idUSBRE97R03O20130828

Australia backs action against Syria, with or without U.N. approval

CANBERRA | Tue Aug 27, 2013 11:09pm EDT

(Reuters) - Australia, incoming chair of the U.N. Security Council, has endorsed possible retaliation against Syria over the use of chemical weapons, even if the council fails to agree on action.

Australia, a close ally of the United States, is due to take over the rotating leadership of the council on Sunday, a role that requires it to assist council members to reach agreement.

But Foreign Minister Bob Carr said that if it was proved the Syrian regime had used chemical weapons, the world had a mandate to respond, even if the United Nations failed to agree on such action.

"We're moving to a stage where America and like-minded countries are contemplating what sort of response," Carr told reporters on Wednesday.

"Our preference, everyone's preference, would be for action, a response, under United Nations auspices. But if that's not possible, the sheer horror of a government using chemical weapons against its people, using chemical weapons in any circumstances, mandates a response."

The United States and its allies are gearing up for a probable military strike against Syria that could come within days and would be the most aggressive action by Western powers in Syria's two-and-a-half-year civil war.

Carr said the most important role for Australia as Security Council chair was to engage permanent council members Russia and China on their support so far for Syria.

"Russia and China can't be vilified in this. They need to be engaged with, encouraged to look at the evidence, and encouraged to think about their attitudes towards the Assad regime and what the world does when a population is being devastated, and now devastated with the application of weapons that terrifyingly enable mass atrocity crimes," he said.

The crisis in Syria, Carr said, had re-exposed a flaw in international governance, with the right of permanent U.N. Security Council members to veto any decision.

(Reporting by James Grubel; Editing by Mark Bendeich)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−









テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オーストラリアのボブ・カー外相「シリアが化学兵器使用なら、オーストラリアは報復支持」 Behind the Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる