Behind the Days

アクセスカウンタ

zoom RSS 放射能汚染地域の子供たちの避難を訴え続ける竹野内真理氏 不起訴決定しました(署名終了)

<<   作成日時 : 2014/02/21 13:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2014年5月22日、竹野内真理氏のブログSave Kids Japanで、以下の報告がありました。

Save Kids Japan
「5月22日、竹野内真理、不起訴決定!Prosecutor not to indict Takenouchi ! Update May 22, 2014」

http://savekidsjapan.blogspot.jp/2014/02/ethos-leader-accused-takenouchi-of.html

             ↓
***************************

2014年5月22日、エートス代表安東量子氏による竹野内真理の刑事告訴を不起訴にすると決定すると、福島地方検察庁の増原検事からお電話がありました。

On May 22, 2014, the Fukushima prosecutor called Takenouchi to tell that he will NOT INDICT Mari Takenouchi under criminal accusation by ETHOS leader, Ms.Ryoko Ando!

この事件を拡散し、またサポートして下さった皆様、本当にありがとうございました!

Thank you all who have helped disseminating my story!!

ただ、この問題はまだスタート地点に立ったところです。

福島で89人もの甲状腺がんと疑いが出ているときに、安倍首相に健康被害がないことにされ、また大飯原発の再稼働差し止め判決が出ても、国が原発再稼働を進めようとしているからです。

ですから、気を緩めることなく、今後とも、情報拡散のご協力をよろしくお願いいたします。

***************************



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【参考】

Petition/Pétition/署名 (change.org)
宛先:To government of Japan and citizens of the world
Please evacuate Fukushima kids and pregnant women!

http://buff.ly/1pJhoEx



「Conclusion on my indictment will come soon! もうすぐ起訴不起訴が決まる!」
(5月13日に福島地方検察検察庁いわき支部増原英司検察官による取り調べがありました。)
2014年5月15日木曜日
http://takenouchimariessay.blogspot.jp/2014/05/conclusion-on-my-indictment-will-come.html

「How a Single Tweet Could Land a Japanese Nuclear Activist in Jail
たった一つのツイートで反原発活動家がどうして刑務所に送られるかもしれないのか?」
By Nathalie-Kyoko Stucky
2014年5月12日
http://savekidsjapan.blogspot.jp/2014/05/please-disseminate-this-article-along.html?spref=tw

「エートス安藤量子氏(本名:鎌田陽子)反原発ジャーナリスト竹野内真理を侮辱罪で告訴!」
2014年2月6日
http://fukushimaworkerslist.blogspot.jp/

YouTube   2014-2/27公開
「日本版エートス本格始動の中、竹野内真理がエートス代表から刑事告訴」 (48分)
http://www.youtube.com/watch?v=5ovcwhAlo04


「大拡散!国境なき記者団が竹野内真理(Save Kids Japan)の刑事告訴事件を英仏の記事に!日本語訳はこちら!」
Save Kids Japan
2014年3月11日
http://savekidsjapan.blogspot.jp/2014/03/save-kids-japan.html?spref=tw

「復興庁、環境省、内閣府、食品安全委員会、消費者庁、外務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、原子力規制庁、法務省、警察庁に公開質問」
竹野内真理の公開質問 Open Questions by Mari Takenouchi
2014年4月13日
http://koukaishitsumon.blogspot.jp/2014/04/blog-post.html?spref=tw
または、
(転載サイト) http://behind-the-days.at.webry.info/201404/article_1.html


Takenouchi Mari Files~竹野内真理ファイル~
http://takenouchimari.blogspot.jp/

Save Kids Japan
http://savekidsjapan.blogspot.jp

竹野内真理の公開質問 Open Questions by Mari Takenouchi
http://koukaishitsumon.blogspot.jp

原発問題、被曝問題でおかしな人々 Shady People in Pro/Anti Nuke Societies
http://fukushimaworkerslist.blogspot.jp

竹野内真理の短編動画(日本語)Sorry, No English
http://maritakenouchiyoutube.blogspot.jp

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【参考情報サイト】

「エートス(実用的放射線防護文化)の構築にむけて」、安東量子(鎌田陽子)氏、保健物理誌(2012)
Behind the Days
http://bit.ly/1jwDTY6

「日本版エートス」本格始動へ〜帰還促進に向けリスコミ強化
OurPlanet-TV   2014-2/18 03:44
http://buff.ly/1f8iWXc

UNSCEARの国連総会への2013年10月フクシマ報告書についての注釈付き論評
http://buff.ly/1f8iUyv
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



【以下の署名活動は終了しました】
        ↓
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
署名(英語版)→ http://buff.ly/1gsUBHR

エートス代表に刑事告訴され、2014年3月半ばに書類送検されます。もし起訴されることになれば、今後の活動に支障が出ることが懸念されます。検察が起訴しないように署名が必要とのことです。

即脱原発を切望する気持ちに、小難しい理屈が必要でしょうか。
我々にできることはないでしょうか。
一人一人の胸の内に響くものを大事にすることを強くお勧めします。

放射能汚染地域から子供たちを避難させることを訴える竹野内真理氏(@mariscontact)が、一人でも多くの方々の署名への協力を必要としています。

                  ↓

【Avaaz .orgキャンペーンの内容(和文)】

福島県検察庁殿: ジャーナリストの竹野内真理氏(Save Kids Japan)を起訴しないでください

竹野内真理氏(Save Kids Japan: http://savekidsjapan.blogspot.jp/)は日本における放射能問題と東京電力・福島第一原発事故で放射能汚染された地域から子供たちを避難させることを訴えるジャーナリストですが、この度、刑事告訴を受けました。放射能漏れは今も続いており、子供たちが放射線によるのリスクが著しく高いことは確立された科学です。

福島のエートスという団体は、汚染地帯に住む選択をした住民を支援する活動をしていますが、残念なことながら、経済的、その他の理由でやむを得ず残る選択をした家族もいます。当たり前のことですが、小さい子供たちは選択の余地はありません。エートスは線量や被曝量のモニタリングを推奨していますが、放射線に安全なレベルはありません。

実際、福島では、リンパ節転移も含めた子供の甲状腺がん及び疑いが75人も出ており、白血病の子供も現れ始めています。子供たちは守られるべき存在です。私たちは、開かれた議論がなされること、情報へのアクセスや言論の自由が守られることを望みます。

検察庁殿には、これらの問題について話したり、書いたりすることが刑事罰に当たらないことを確認していただきたいと思います。

皆さん、子供たちの命と健康な未来を送る権利を守ろうとする竹野内真理さんと共に、立ち上がりましょう。ご協力、ありがとうございます。

Posted February 14, 2014


Mari is facing charges stemming from speaking out on radiation in Japan and advocacy for families relocating children out of the areas contaminated by radioactivity from the damaged Fukushima Daiichi reactor site, operated by TEPCO. Radioactivity continues to leave that site. It is well established that while lower levels of exposure to radioactivity lowers risk, the greatest hazard from radiation comes when children are exposed, raising the risk of cancer manifold over their entire lives.
The group ETHOS in Japan supports the decision by some to stay and live in contaminated areas. Sadly, some of these families feel they have no choice due to economics and other factors. Certainly young children have no choice. ETHOS advocates monitoring radioactivity, but well established science supports Mari's views that there is no safe dose of radiation and that children need to be protected. We support open discussion, access to information and free choice. We ask the Prosecutor to agree that writing and speaking about these issues are not a crime.
Please Stand With Mari as she stands for precaution, protection and the rights of children to a healthy future. THANK YOU.

Posted February 12, 2014
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−











テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
放射能汚染地域の子供たちの避難を訴え続ける竹野内真理氏 不起訴決定しました(署名終了) Behind the Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる