Behind the Days

アクセスカウンタ

zoom RSS 【河北新報】 福島・県立病院 本年度の看護師・臨床検査技師 募集開始から2週間でいまだ応募ゼロ

<<   作成日時 : 2014/05/10 12:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「若年層が福島県内の医療機関勤務を避ける傾向」があり、その原因の一つに「福島第1原発事故による風評の影響」があると、福島県病院局経営課は分析しているようだ。分析のために集めたデータ(アンケート調査結果?)を見てみたいものだ。

ちなみに、「原発事故による風評の影響」というまわりくどい文言があるが、「原発事故による影響」で十分だと思う。あえてしっかり説明するとすれば、「原発事故によって生じた生活環境の放射能汚染」とか「原発事故によって生じた将来への不安」とするのが良いだろう。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
河北新報   2014年05月10日 土曜日
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201405/20140510_61005.html

福島・県立病院 本年度の看護師・臨床検査技師 いまだ応募ゼロ

 福島県内の県立病院に勤務する看護師と臨床検査技師の本年度の採用募集で、開始から2週間が経過した9日現在、1人の応募もないことが分かった。採用を担当する県病院局は「地域の基幹病院のスタッフが不足する事態は深刻だ」と苦慮している。
 本年度は看護師15人、臨床検査技師1人の計16人の採用を計画。採用試験は31日と6月1日に実施する。募集は4月25日に開始したが応募はまだなく、今月26日の締め切り時に定員に達しなければ再度募る。
 県病院局経営課によると、全国的な看護師不足に加え、福島第1原発事故による風評の影響もあり、若年層が福島県内の医療機関勤務を避ける傾向がある。民間病院との競合も激しく、人材確保は一段と難しくなっているという。
 昨年度は看護師10人、検査技師1人の募集定員に対し、採用は看護師が6人、検査技師はゼロだった。
 同課は「県外出身者も含め、応募を待っている。PRを続け、何としても人材を集めたい」と話している。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【河北新報】 福島・県立病院 本年度の看護師・臨床検査技師 募集開始から2週間でいまだ応募ゼロ Behind the Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる