Behind the Days

アクセスカウンタ

zoom RSS 脱原発9割超 経産省がエネルギー基本計画原案に対するパブコメを一部開示、朝日新聞が集計

<<   作成日時 : 2014/06/01 00:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

経産省は、残りの1万7千件のパブコメの開示を10月以降に引き延ばした。即座に集計しないのなら、何のためのパブコメだったのだろう。やっぱり、国民向けの”仕事をしているフリ”だったのだ。そして、どの政治家もそれをとがめない。彼らの給料が国民の税金から出ているのならば・・・税金っていったい何?

名前消し作業員一人が1時間に10件処理すると1日8時間で80件であり、
17,000件÷80件/(人・日)=213人・日

4か月=80日で終わらせるためには、
213人・日÷80日=2.66人

事務員3人雇えば終わりか。

その後は、パブコメ原本を1年間ほど倉庫に寝かせてから、誰も見ていない隙に専門業者が処分。そして、紛失事件のニュースが流れ、「記憶にございません」のセリフで任務完了・・・という感じかな。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
朝日新聞デジタル   2014年5月25日05時21分
http://www.asahi.com/articles/ASG5L0FYJG5KULFA00K.html

「脱原発」意見、9割超 エネ計画のパブリックコメント

編集委員・小森敦司

 安倍内閣が4月に閣議決定したエネルギー基本計画をつくる際、国民に意見を募った「パブリックコメント」で、脱原発を求める意見が9割を超えていた可能性があることがわかった。朝日新聞が経済産業省に情報公開を求め、開示された分について原発への賛否を集計した。経産省は、そうした意見をほとんど反映しないまま、基本計画で原発を「重要なベースロード電源」と位置づけた。

 経産省が昨年12月6日に示した基本計画の原案に対し、対象の1カ月間にメールやファクスなどで約1万9千件の意見が集まった。経産省は2月に代表的な意見を発表したが、原発への賛否は集計しなかった。

 朝日新聞はすべての意見の公開を求め、経産省は、個人情報保護のために名前を消す作業が終わった2109件分のメール(2301ページ)を開示した。受け付け順で開示したとしており、残りの開示の可否は9月までに決めるという。
画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
脱原発9割超 経産省がエネルギー基本計画原案に対するパブコメを一部開示、朝日新聞が集計 Behind the Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる