Behind the Days

アクセスカウンタ

zoom RSS 伊藤祐一郎・鹿児島県知事「10キロ圏外の自力で逃げられない高齢者や障害者らの避難計画作らない」と明言

<<   作成日時 : 2014/06/14 19:06   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

伊藤祐一郎・鹿児島県知事は、「10キロ圏外の自力で逃げられない高齢者や障害者らが避難できなくても私に責任はない」と言いたいのかもしれない。

普通は、これで、再稼働への住民からの理解は得られないことになり、再稼働できなくなるはず。でも、今の日本では必ずしもそうはならない。なぜなら、事業者にとって住民の理解は邪魔なだけであり、何も聞かなかったことにすることを行政が許してしまうからだ。棄民国家日本。


【関連ブログ記事】

Behind the Days   2015/04/17 14:52
鹿児島県知事・伊藤祐一郎(東大法学部卒)、原発由来の被曝を拒否している国民に被曝を強要する
http://behind-the-days.at.webry.info/201504/article_6.html




−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
時事ドットコム   2014/06/13-19:45
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201406/2014061300966&g=soc

鹿児島知事「10キロ圏で十分」=川内原発、要援護者の避難計画

 鹿児島県の伊藤祐一郎知事は13日、九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)で事故が起きた場合、自力で逃げられない高齢者や障害者ら要援護者の避難計画について「(原発から)10キロまでで十分だと思っている。(30キロまでは)作らない」と述べた。鹿児島市内で記者団の質問に答えた。
 伊藤知事は「30キロ圏までの要援護者の避難計画は現実的ではなく、実際問題機能しないと思う」と話した。ただ、「作らない」と明言する一方で「国の動きを見ながら対応する」とも述べ、30キロ圏の計画策定に含みを残した。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
南日本新聞   2014-06-14
http://373news.com/_kikaku/genpatsu/index.php?storyid=57562#news

要援護者30キロ圏避難計画 知事「作らず」

 九州電力川内原発1、2号機(薩摩川内市)の重大事故を想定した原発から半径10〜30キロ圏内の要援護者避難計画について、鹿児島県の伊藤祐一郎知事は13日、報道陣に対し「10キロまではきちっと作るが、30キロまでの避難計画は現実的ではない」との見解を示した。
 伊藤知事は「(10〜30キロ圏は)作らない。作ろうと思ったら、時間をかけて空想的なものは作れるが、実際問題としてはなかなか機能しないだろう」と説明。「当分の間、10キロ以上は社会情勢や国の今後の動きも見ながら対応を考える」と答えた。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【参考】
『敗北主義を説く人々・・正すためになし得ることは何もないと論じ・・心配するだけ無駄であると言う・・犠牲者に向かって、運命は避けられないものだから・・と言ってのけるレイプ常習犯のそれに似ている』
「教科書が絶対に教えない闇の世界史」 http://bit.ly/1imUnr7
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−






テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
伊藤祐一郎・鹿児島県知事「10キロ圏外の自力で逃げられない高齢者や障害者らの避難計画作らない」と明言 Behind the Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる