Behind the Days

アクセスカウンタ

zoom RSS 石原伸晃・環境相、福島県庁で佐藤雄平知事に「最後は金目でしょ」と述べた発言に関して謝罪

<<   作成日時 : 2014/06/24 11:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ファイナルステージのラスボスご立腹の茶番劇。
「せっせと住民をだましてきたのに、
 本当のことを言っちゃ台無しになるじゃないか。石原君。
 でもまあ、主語をはっきり言わなかったから、
 住民は誤解してくれた。
 結果的には追い風になって助かったよ。ご苦労さん。」

「最後は金目でしょ」 → ”最後”=ラスボス

しかし、何度見ても不思議な写真ですね。
机の右側に福島県民がいるとしたら、佐藤雄平知事は左側にいなければいけないはずですが。
それが、頭を下げている石原氏を満足げに眺めているなんて。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
msn産経ニュース   2014.6.23 22:33
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140623/trd14062322330012-n1.htm

環境相、福島県にも謝罪 知事「原発は国の問題」

画像
福島県庁を訪れ、佐藤雄平知事(右端)に頭を下げ謝罪する石原環境相=23日午後

 石原伸晃環境相は23日、福島県庁で佐藤雄平知事に会い、東京電力福島第1原発事故で出た除染廃棄物を保管する中間貯蔵施設の交渉を「最後は金目でしょ」と述べた発言に関し「県民の皆さまに不快な思いをさせ、心からおわびしたい。お金で解決するという意図ではない」と謝罪した。

 佐藤知事は「住民に本当に寄り添って、誠心誠意対応してほしい」と求め「中間貯蔵施設と原発事故は国の問題であるとの認識を改めて持ってほしい。福島だけの問題に矮小(わいしょう)化してはならない」とくぎを刺した。

 施設をめぐる交渉で福島県側は、国が表明している廃棄物の県外での最終処分方針を法制化することや、具体的な生活再建策と地域振興策を求めている。佐藤知事はこれらについて「迅速に応え、住民説明会で出た意見にも真摯(しんし)に対応してほしい」と要望した。

 知事への謝罪に先立ち、石原氏は建設候補地である大熊町の渡辺利綱町長、双葉町の伊沢史朗町長にそれぞれの役場で面会し、「品位を欠く表現で、お金で解決するよう受け止められ、深く反省している」と謝罪。渡辺町長は「多くの町民が不快な感情を持ったのは事実だ。直接謝罪に来たことを、けじめとして深く受け止めたい」と述べた。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【参考】
『敗北主義を説く人々・・正すためになし得ることは何もないと論じ・・心配するだけ無駄であると言う・・犠牲者に向かって、運命は避けられないものだから・・と言ってのけるレイプ常習犯のそれに似ている』
「教科書が絶対に教えない闇の世界史」 http://bit.ly/1imUnr7
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−










テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
石原伸晃・環境相、福島県庁で佐藤雄平知事に「最後は金目でしょ」と述べた発言に関して謝罪 Behind the Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる