Behind the Days

アクセスカウンタ

zoom RSS 福島県の超音波検査と甲状腺がんに関するドイツのグループによる論文(2014年1月) 予想される流行

<<   作成日時 : 2014/06/04 11:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

10年、20年、30年と経過するうちに過剰相対リスク(execess relative risk; ERR)は徐々に下がっていくようだ。しかし、今はまだ3年が経過しただけなので、今後、10〜30年くらいは被曝が原因のリスク率(attributable risk rate)は増加が続く、という感じで良いだろうか。

”50年後には約2% (about 2 % of the screened population)”という表現は、決して穏やかではないように思える。50人で1人、10万人で2千人。しかも、現時点での不確定性がかなり大きいと断った上での表現であり、被曝量の違いによる地域差があることにも言及している。

特に、被曝時年齢が低いほど、長く増加し続ける点は重要である。グラフを見ると、1歳と10歳を比較するとかなり大きな差があることがわかる。したがって、同じ年齢で比較しないと何の意味もないことは明らかである。

我が子を使ったロシアンルーレットでは、リスクを忘れることが安心につながることは確かである。だが、そんな博打から足を洗うという選択肢が存在することを忘れてしまうのはどうかしていると思う。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
Radiation and Environmental Biophysics
May 2014, Volume 53, Issue 2, pp 391-401,
Open Access
http://dx.doi.org/10.1007/s00411-013-0508-3

Ultrasonography survey and thyroid cancer in the Fukushima Prefecture

Peter Jacob, Jan Christian Kaiser, Alexander Ulanovsky

Download PDF (1,042 KB)
http://link.springer.com/content/pdf/10.1007%2Fs00411-013-0508-3.pdf

Abstract
Thyroid cancer is one of the major health concerns after the accident in the Fukushima Dai-ichi nuclear power station (NPS). Currently, ultrasonography surveys are being performed for persons residing in the Fukushima Prefecture at the time of the accident with an age of up to 18 years. Here, the expected thyroid cancer prevalence in the Fukushima Prefecture is assessed based on an ultrasonography survey of Ukrainians, who were exposed at an age of up to 18 years to 131I released during the Chernobyl NPS accident, and on differences in equipment and study protocol in the two surveys. Radiation risk of thyroid cancer incidence among survivors of the atomic bombings of Hiroshima and Nagasaki and preliminary estimates of thyroid dose due to the Fukushima accident were used for the prediction of baseline and radiation-related thyroid cancer risks. We estimate a prevalence of thyroid cancer of 0.027 % (95 % CI 0.010 %; 0.050 %) for the first screening campaign in the Fukushima Prefecture. Compared with the incidence rate in Japan in 2007, the ultrasonography survey is predicted to increase baseline thyroid cancer incidence by a factor of 7.4 (95 % CI 0.95; 17.3). Under the condition of continued screening, thyroid cancer during the first fifty years after the accident is predicted to be detected for about 2 % of the screened population. The prediction of radiation-related thyroid cancer in the most exposed fraction (a few ten thousand persons) of the screened population of the Fukushima Prefecture has a large uncertainty with the best estimates of the average risk of 0.1–0.3 %, depending on average dose.

An erratum to this article can be found at
http://dx.doi.org/10.1007/s00411-014-0528-7.

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−






テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
福島県の超音波検査と甲状腺がんに関するドイツのグループによる論文(2014年1月) 予想される流行 Behind the Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる