Behind the Days

アクセスカウンタ

zoom RSS 丸森町民を見捨ててきた村井嘉浩知事「原発事故で苦しんできた被災者を救済することができ、大きな喜びだ」

<<   作成日時 : 2014/06/12 13:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

宮城県知事・村井嘉浩(むらい よしひろ)氏が、丸森町長・保科郷雄(ほしな くにお)氏とともに復興庁と環境省に要望書を提出したのは2014年2月だ。それまでの2年と11か月はなんだったのか。

被災者が苦しんできたのは、村井知事と国が救済しなかったせいである。
そして、被災者がほんのわずかだけ救済されたのは、今回のごく微々たる国の支援のおかげである。
村井知事が救済したわけではない。いい加減なことを言うな。

画像


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
河北新報   2014年06月11日 水曜日
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201406/20140611_13042.html

白石・丸森の住宅除染支援拡充 関係者、福島並み歓迎

 東京電力福島第1原発事故で宮城県白石市と丸森町が実施する住宅除染作業に関し、国の財政支援が拡充される見通しとなったことを受け、両市町の関係者はおおむね歓迎する姿勢を示した。一部に、待たされた月日の重みを指摘する声も上がった
 両市町とも国の全額補助対象の除染方法はこれまで、庭の除草や雨どいの清掃などに限られた。表土除去などは福島県と違って対象外だった。
 白石市南部では4月に住宅除染を開始。市はより低コストで工期が早く、廃棄物発生の少ない敷地内の覆土も補助対象とするよう求めていた。
 「一歩前進だ」。支援拡充をこうみる風間康静市長は「保育園の園庭は覆土により線量が下がった。一般の住宅にも覆土が認められると大きい」と期待する。
 昨年5月に住宅除染を始めた丸森町。福島県境に近い筆甫川平地区で、作業完了後も空間線量が毎時0.40〜0.49マイクロシーベルトと除染目標(毎時0.23マイクロシーベルト)を上回る地点があった。町は国に対し、福島県と同じく、土のはぎ取りと覆土による再除染を求めてきた。
 保科郷雄町長は「福島県並みの除染が認められれば、町民の安全安心が図られる」と話した。
 一方、住民の間には原発事故発生から約3年3カ月後の国の対応の遅さに憤る声もある。同町筆甫川平地区で高校生の孫2人を含む5人暮らしの60代主婦は「たった1、2キロ先の福島県側では屋根の高圧洗浄までしたのに、こちらは雨どいを払っただけ。空間線量はほとんど変わらないのに、3年以上も放置された。孫の将来への影響が心配だ」と語った。
 白石市越河地区の住民は「遅きに失した感は否めないが、放射性物質の影響が何十年も続くことを考えれば、効果的な方法で除染してほしい」と注文を付けた。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
画像
河北新報   2014年06月10日 火曜日

国、福島並補助 白石と宮城・丸森の住宅除染

 福島第1原発事故で宮城県南の白石、丸森両市町が実施する住宅除染作業の一部の財政措置をめぐり、井上信治環境副大臣は9日、「震災復興特別交付税で対応する方針を、村井嘉浩知事と両市町に伝えた」と話した。仙台市内で報道各社の取材に答えた。
 両市町は国の汚染状況重点調査地域だが、福島県内で全額補助される高圧洗浄などが補助対象外となっている。県と両市町は2月、福島と同様の財政措置を受けられるように国に要望していた。
 村井知事は、「原発事故で苦しんできた被災者を救済することができ、大きな喜びだ」と語った。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
河北新報   2014年02月09日 日曜日

除染補助、福島並みに拡大 国に要望へ 宮城県と丸森町

 福島第1原発事故に伴う除染事業の補助制度をめぐり、宮城県と同県丸森町は13日、放射線量の高い県南部の補助対象事業を福島県並みに拡大するよう国に要望する。
 村井嘉浩宮城県知事と保科郷雄丸森町長が復興庁と環境省を訪ね、谷公一復興副大臣らに要望書を提出する。住宅の屋根の清掃や庭の表土除去など、福島県内では全額補助される除染事業の適用を求める。
 県などによると、丸森町や宮城県白石市の線量は高い地域で1時間当たり0.5マイクロシーベルト。福島県北部とほぼ同じ線量だが、国の規定では宮城県内の他の自治体と同じ低線量地域に区分される。丸森町は、昨年7月から低線量地域向けの除染事業を実施してきたが、効果は上がっていないという。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【参考】
『敗北主義を説く人々・・正すためになし得ることは何もないと論じ・・心配するだけ無駄であると言う・・犠牲者に向かって、運命は避けられないものだから・・と言ってのけるレイプ常習犯のそれに似ている』
「教科書が絶対に教えない闇の世界史」 http://bit.ly/1imUnr7
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−









テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
丸森町民を見捨ててきた村井嘉浩知事「原発事故で苦しんできた被災者を救済することができ、大きな喜びだ」 Behind the Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる