Behind the Days

アクセスカウンタ

zoom RSS X線分析でウラン検出に成功 つくば市で採取された微粒子から 水に溶けにくい状態であることが判明

<<   作成日時 : 2014/11/30 15:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

直径2ミクロンほどの微粒子が172 kmもの距離を移動することは、自然現象として十分に想定されうるものだろう。2011年3月14〜15日につくば市で採取された微粒子の成分を高輝度X線ビームで分析してみたら、放射性セシウムに加えてウランも検出されたという学術論文(有料)が出版された。

さらに、ウラン燃料やその核分裂生成物が含まれていることを暗示する測定結果も得られたとのこと。また、それらの放射性物質はガラスの中に取り込まれた形で存在するので、水に溶出するものとは異なり、環境中に長く留まることになるだろうと予想している。

福島原発事故から、この重要な学術論文の出版が決定されるまでに要した期間は3年と2か月。追加の装置が必要だったとしても、Spring-8が稼働していて国が主導したのであれば、この期間はもっと短縮できたはずだ。すなわち、国が主導しなかったということが結論される。

もちろん、この微粒子に”東京電力”と刻印されているわけでもなさそうなので、この”出所不明の放出物”を誰が責任を持って具体的に処理するかは決まっていないし、今後も決まることはないだろう。すべてが”想定”の範囲内で進められていると思われる。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/ac501998d

Analytical Chemistry, 2014, 86 (17), pp 8521–8525
DOI: 10.1021/ac501998d
Publication Date (Web): August 1, 2014

Detection of Uranium and Chemical State Analysis of Individual Radioactive Microparticles Emitted from the Fukushima Nuclear Accident Using Multiple Synchrotron Radiation X-ray Analyses

Yoshinari Abe *†, Yushin Iizawa †, Yasuko Terada ‡, Kouji Adachi §, Yasuhito Igarashi §, and Izumi Nakai *†
† Department of Applied Chemistry, Faculty of Science, Tokyo University of Science, 1-3 Kagurazaka, Shinjuku, Tokyo 162-8601, Japan
‡ Japan Synchrotron Radiation Research Institute (JASRI), SPring-8, 1-1-1 Kouto, Sayo-cho, Sayo-gun, Hyogo 679-5148, Japan
§ Meteorological Research Institute, 1-1 Nagamine, Tsukuba, Ibaraki 305-0052, Japan

画像


[ Abstract ]
Synchrotron radiation (SR) X-ray microbeam analyses revealed the detailed chemical nature of radioactive aerosol microparticles emitted during the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant (FDNPP) accident, resulting in better understanding of what occurred in the plant during the early stages of the accident. Three spherical microparticles (∼2 μm, diameter) containing radioactive Cs were found in aerosol samples collected on March 14th and 15th, 2011, in Tsukuba, 172 km southwest of the FDNPP. SR-μ-X-ray fluorescence analysis detected the following 10 heavy elements in all three particles: Fe, Zn, Rb, Zr, Mo, Sn, Sb, Te, Cs, and Ba. In addition, U was found for the first time in two of the particles, further confirmed by U L−edge X-ray absorption near-edge structure (XANES) spectra, implying that U fuel and its fission products were contained in these particles along with radioactive Cs. These results strongly suggest that the FDNPP was damaged sufficiently to emit U fuel and fission products outside the containment vessel as aerosol particles. SR-μ-XANES spectra of Fe, Zn, Mo, and Sn K−edges for the individual particles revealed that they were present at high oxidation states, i.e., Fe3+, Zn2+, Mo6+, and Sn4+ in the glass matrix, confirmed by SR-μ-X-ray diffraction analysis. These radioactive materials in a glassy state may remain in the environment longer than those emitted as water-soluble radioactive Cs aerosol particles.

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−










テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
X線分析でウラン検出に成功 つくば市で採取された微粒子から 水に溶けにくい状態であることが判明 Behind the Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる