Behind the Days

アクセスカウンタ

zoom RSS 野生キノコ出荷制限続く・・・「高値が付く希少品種が規制される事態を防ごうと自衛策を講じる」とは?

<<   作成日時 : 2014/12/21 15:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

経済優先に理解を求めるっておかしいでしょ。そんなやからと付き合う必要はないのだが、問題はどうやって子どもを守るかだ。

福島第一原発事故の件で言えば、放射能汚染された食材の出荷規制は、無用な放射線被曝(内部被曝)の可能性をできる限り小さくするための措置であるはずだ。規制を免れる最もシンプルな方法は、原発由来の放射能汚染の原因を取り除くことだ。でも、この記事では、そのような話は一切出てこない。

そこから想像される彼らの”自衛策”とは、例えば、真実を隠す、あるいは、真実が明らかになることを妨害する、といったことが挙げられる。

マツタケ等を出荷できないことによる損失は、東京電力に補てんしてもらうべきである。もし、キノコ販売業者がそれをしないのならば、東京電力と結託して消費者に放射能汚染したキノコを食べてもらおうとしているとも言える。消費者が食べなければ良いだけの話なのだが、言葉巧みに食べることを勧められた場合に、あなたの子どもは拒否できるだろうか。

被害者なのに、加害者に取り入ろうとする者たちは、自分たちの選択がどんな結末に結びつくのかを想像してみようとは思わないのか。イヌやネコに生まれ変わりたいと思う人がいるように、トカゲのシッポの一部になりたい人間もいるということなのだろうか。

行政は何のために存在するのか。経済って何なのか。弱い者を守ろうとしない大人が野放しにされている。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
画像

河北新報   2014年12月20日 土曜日
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201412/20141220_73022.html

原発事故後、野生キノコ出荷制限続く

 東京電力福島第1原発事故後、東北の広い範囲で野生キノコの出荷制限が続いている。他の農産品に比べて放射性セシウムを蓄積しやすい特性があり、汚染土壌の影響をより強く受けるためだ。マツタケなど希少品の規制回避に向け、一部品種の出荷を自粛する動きも出ている。(野内貴史)

 現在、出荷制限を受けている自治体の分布は図の通り。青森、岩手、宮城、福島4県をはじめ、中部までの10県109市町村となっている。事故後、規制が解除されたケースはない。
 林野庁の担当者は「原発事故後は愛好家が採取を自粛している。制限自治体に限らず、全体的に流通量が大きく減っている」と話す。
 規制は野生キノコ全体が対象となる。品種ごとに汚染の度合いは異なるが、誤認の可能性などを考慮した。郡山女子大の広井勝教授(食品学)は「多くの品種があるキノコは専門家も外見だけでは間違うことがある。安全を優先すれば全体に規制をかけるのもやむを得ない」と理解を示す。
 規制が長引く背景には野生キノコの特性がある。東北大の木野康志准教授(放射化学)は「野菜などと比べ、キノコは土壌からセシウムが移行しやすく、蓄積する量も多い」と指摘する。
 木野准教授によると現在、セシウムは土壌表面からほぼ5センチ以内の深さにとどまる。年0.5センチ程度の速度で沈降しつつ、拡散していくとみられる。今後の菌糸分布によっては、特定の品種で放射能濃度が高くなる恐れがあるという。
 たとえ1種類でも基準値を超えてしまえば、地域の野生キノコ全体に累が及ぶ。出荷制限を受けていない市町村の中には、高値が付く希少品種が規制される事態を防ごうと自衛策を講じる自治体もある。
 国内有数のマツタケ産地として知られる岩手県山田町は2012年、住民に対し、アミタケ、ホウキタケなど売価の低い品種を出荷しないよう要請した。
 岩手では県南部の9市町が規制対象となり、同町も警戒を強めている。町農林課の担当者は「マツタケの出荷額は年間数千万円。販売できなくなると経済的な損失が大きい」と説明、マツタケ出荷を最優先にする姿勢に理解を求めた。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−








テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
野生キノコ出荷制限続く・・・「高値が付く希少品種が規制される事態を防ごうと自衛策を講じる」とは? Behind the Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる