Behind the Days

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍晋三の人質事件への低い警戒度 Low precaution to hostage in ISIS

<<   作成日時 : 2015/01/24 22:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

この記事から、安倍晋三という日本の現首相は、2人の日本人が「ISIL = Islamic State of Iraq and Levant」(※)に拘束されていることを昨年12月までに認識していたことがわかる。さらに、彼は首相でありながらも2人を解放するための努力を何もしていなかったこともわかる。このことから、安倍晋三という首相は日本人にとって全く必要ないと結論付けることができる。

From this news article, it is clear that, by December of last year, the present Japanese prime minister, Shinzo Abe, had already recognized that 2 Japanese were taken captive by the "Islamic State" (IS) . Additionally, although he is a prime minister, it is also clear that he has never tried to make efforts for the 2 hostages to be released. Therefore, we can conclude that Japanese do not need a prime minister called Shinzo Abe at all.

平和国家の首相であるなら、一切の空爆・殺戮を停止させた上で、彼らが武器を持つことなく平和な社会を築いていけるように手助けすることを提案するはずである。服従もしくは抵抗しなければ生き残れないような状況を、根本から変えるために全力を尽くすと言わない限り、疑いは晴れない。

If Shinzo Abe is a true prime minister of a peace-loving country, he would not only make efforts to suspend all aerial bombardment and slaughter but also propose to help to build up peaceful society without having any weapon. Unless Shinzo Abe promises to make efforts to alternate the situation that people cannot survive without obedience and resistance, the doubt will never be resolved.



※「ISIL = Islamic State of Iraq and Levant」@Wikipedia → http://goo.gl/bFE7DK

「安倍晋三 = ”安倍晋三国”= Abenomic State in Nagata-cho and the LDP of Japan ("AS" or "ASNLDPJ")」


----------------------------------
【関連ブログ記事 Related blog articles】

人質殺害事件の悲しみ Grief from two Japanese hostages killed
2015/02/02 13:41

http://behind-the-days.at.webry.info/201502/article_1.html

拘束されたジャーナリスト・後藤健二さんの母、石堂順子さんの会見のテキスト版(BLOGOS編集部さん)
2015/01/23 14:37

http://behind-the-days.at.webry.info/201501/article_5.html




−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
livedoor NEWS   2015年2月2日 17時8分 ロイター
http://news.livedoor.com/article/detail/9741984/

菅官房長官「身代金用意せず」、イスラム国との交渉を否定

[東京 2日 ロイター] - 菅義偉官房長官は2日午後の会見で、過激派組織「イスラム国」とみられるグループに日本人2人が殺害された事件に関して、政府としては身代金を用意せず、犯人側と交渉するつもりはなかったことを明らかにした。

イスラム国は1月20日にインターネット上に投稿した映像の中で、拘束していた湯川遥菜さんと後藤健二さん解放の条件として、身代金2億ドルを要求していた。菅官房長官は会見で、身代金を用意していたかについて記者から問われ、「それは全くない。100%ない」と明確に否定した。さらに、イスラム国と交渉する気は「全くなかった」と述べた。

今回の事件を受けて、政府は3日、「国際組織犯罪等・国際テロ対策推進本部」の会合を開催し、国際テロへの対抗策などを検討する。菅官房長官は事件をめぐる政府の対応について、まず政府内で検証を行い、有識者の意見も聞く可能性にも触れた。

(梅川崇)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
              ↓ (English Summary in Reuters)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
Reuters TOKYO Mon Feb 2, 2015 4:21am EST
http://www.reuters.com/article/2015/02/02/us-mideast-crisis-japan-abe-idUSKBN0L600920150202

Working with global community only way to fight terrorism: Japan PM

"Chief Cabinet Secretary Yoshihide Suga, speaking to reporters on Monday, shrugged off speculation that Japan was ready to pay a ransom, adding that the government had no intention of negotiating with the militants."
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ニューズウィーク日本版   2015年01月24日(土)20時49分
http://www.newsweekjapan.jp/headlines/world/2015/01/142223_1.php

焦点:低かった人質事件への警戒度、難しい政府の身代金判断

(写真) 1月24日、「イスラム国」とみられる過激派組織による日本人人質事件は、殺害予告期限とされた23日午後を過ぎても解決の糸口が見い出せない。写真は23日、都内首相官邸に到着した安倍晋三首相(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 24日 ロイター] - 「イスラム国」とみられる過激派組織による日本人人質事件は、殺害予告期限とされた23日午後を過ぎても解決の糸口が見い出せない。安倍晋三政権は「解放へ全力」を挙げる態勢を取っているが、首相の中東4カ国歴訪前に、人質事件発生のリスクに対する警戒度は決して高くなかったことが、政府関係者への取材で明らかになった。

打開策が見つからない中、身代金支払いに米国が反対し、政府は難しい判断を迫られている。

殺害予告期限とされた23日午後2時50分を経過しても、イスラム国から人質解放に関連したメッセージの発信がなく、緊迫した情勢が続いている。23日夜、BS日テレの番組に出演した礒崎陽輔首相補佐官は「(イスラム国)から間接的な意味での反応がないわけではないが、ダイレクトな反応ではない」と述べ、目立った進展が見えない情勢であることをにじませた。

イスラム国とされる組織が出した声明文は、安倍首相が中東歴訪で示した2億ドルの人道支援をやり玉に挙げ「イスラム国に対する戦いに2億ドルを支払うという愚かな選択をした」と日本政府の外交を批判した。

昨年11月の段階で、湯川遥菜さん(42)と後藤健二さん(47)の2人を拘束していた犯人側にとって、安倍首相の中東歴訪は、自らの存在感を示し、身代金も得る格好のチャンスと映っていた可能性がある。

そもそも、政府に重大な事件が発生する危険性があるとの認識はあったのか──。1月16日からの安倍首相の中東歴訪を前に、首相と菅義偉官房長官、岸田文雄外相、中谷元防衛相が参加した関係閣僚会議が開催された。議論の中身は「極秘」とされたが、ある関係筋は「拘束されている日本人について、そこでは何も話が出なかった」と証言する。

また、首相歴訪先にアラブ諸国の多くと対立するイスラエルが含まれており、拘束されている日本人2人に影響が出るかどうかについて、2人が拘束されていることは認識していたが「首相歴訪前に、拘束されている日本人について、議論した記憶はない」と述べた。

政府は昨年8月の段階で、湯川さんがシリア国内で拘束されたことを確認。後藤さんが出国してシリアに向った後、音信が途絶していたことを昨年12月までには認識していた。

別の関係筋は、首相歴訪との関連で、拘束された邦人がいる周辺国に訪問できなくなるという選択肢はなかったとの見方を示し、「(経済支援などの提示は)歴訪先と親交を深める目的であり、当然のことだ」と述べた。

だが、首相の中東訪問を批判する声もある。イスラム法学者で元同志社大教授の中田考氏は22日に都内で講演し「安倍首相は自分の歴訪が地域の安定に貢献すると思っていたようだが、残念ながらバランスが悪い。もし人道支援のために今回歴訪したのなら、シリアからの難民の大半がいるトルコを最優先にすべきだった」と指摘。

「訪問国はエジプト、イスラエル、パレスチナ、ヨルダンという、すべてイスラエル問題に関係のある国ばかり。米国とイスラエルの手先と認識される。人道支援、難民支援のために行っていると理解されないのは、中東を知る者としては常識」と述べた。イスラム国幹部と交流がある中田氏は、戦闘員に加わろうとした北海道大学の学生の渡航を支援したとして昨年、家宅捜索されている。

振り返って検証してみると、首相歴訪前に政府部内には、今回の事態を予見したり、そのリスクに警戒すべきだとの見方が、主流を占めることはなかったと言える。

人質となった2人の解放条件として、殺害を警告したビデオでは、2億ドルの支払いを日本政府に求めている。

この身代金の問題でも、政府は難しい状況に直面している。米国務省のサキ報道官は22日の会見で「身代金の支払いは国民を危険にさらす」と述べ、「われわれの立場を(日本政府に)非公式に伝達している」と述べた。

冒頭の関係筋も「米国は出来ることなら何でも手伝うと言ってきているが、身代金はわかっていますよね、という感じで、払うなと言ってきている」と語る。

リスク管理に詳しいある関係筋は「テロに屈しないと明言し、自民党の高村正彦副総裁も支払わないと明言している。2億ドルを直接(イスラム国に)支払うことは考えにくい」と述べる。

その関係筋によると、日本政府にとって、身代金を支払って国際的に批判を浴びた1977年9月の「ダッカ事件」の記憶が鮮烈だという。日本航空機が日本赤軍にハイジャックされ、600万ドル(約16億円)の身代金と服役、拘留中だった9人の釈放が要求された。

当時の福田赳夫首相は「1人の生命は、地球より重い」と述べ、身代金600万ドルの支払いと9人の釈放を決断した。

もし、支払いを政府が決断した場合、どの予算費目から支出されるのか。さらに別の関係筋は、外交報償費、官房報償費、予備費などの項目が該当するとの思惑に対し「テロに屈する予定がないから、手続きのことは考えていない」としか述べていない。

ただ、今回は要求されている額が2億ドル(1ドル118円換算で236億円)と巨額なだけに、支払った場合の政府の説明内容に、内外からの注目が集まりそうだ。

(編集:田巻一彦)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
LIVES AT STAKE 01.23.15
http://www.thedailybeast.com/articles/2015/01/22/did-japan-botch-isis-hostage-deal.html?via=mobile&source=twitter

Did Japan Botch ISIS Hostage Deal?

The country’s ISIS hostage crisis is a tragedy—one that its government helped to create. Is the Abe administration more concerned with saving face than saving lives?
TOKYO—ISIS says it will kill two Japanese hostages if the Japanese government fails to pay a $200 million ransom by 12:50 a.m. ET Friday.

But The Daily Beast has learned that the current crisis might have been averted last year if the Japanese government had not interfered in negotiations to save the first hostage captured by the terrorist group. Indeed, even now Prime Minister Shinzo Abe’s administration seems more interested in saving face than saving lives.

ISIS, which has already executed thousands of Iraqis and Syrians, as well as international aid workers and reporters, captured Haruna Yukawa, the founder of a private security company, in northern Syria in August 2014. The next month, the group asked Japanese journalist Kosuke Tsuneoka to mediate the trial it was planning to stage against Yukawa, 42, whom it suspected of being a spy. Tsuneoka, who was held hostage in 2010 in Afghanistan and is one of the few Japanese journalists with a pipeline to ISIS, told The Daily Beast last year that the group invited him and Japanese Muslim scholar Hassan Ko Nakata to follow the trial as an Arabic translator.

But Tsuneoka said he and Nakata were not allowed to travel to Syria to try to negotiate Yukawa’s release after the police raided their homes on October 6, a day before their planned departure, and seized their passports. Tsuneoka was detained for questioning for 24 hours but was not arrested.

Police sources said the raid stemmed from an ongoing police investigation into Tsuneoka’s involvement with a student who may have been attempting to join ISIS. Tsuneoka and the student are under suspicion of violating the rarely enforced Article 93 of Japan’s criminal code, which prohibits “preparing or plotting to wage war privately upon a foreign state”; if arrested, tried, and convicted, the two could face up to five years in prison. Tsuneoka has denied the allegations, though he acknowledges buying an airplane ticket for the student, who had no credit card.

The day after the raid, Foreign Minister Fumio Kishida told reporters that Japan would take measures to “curb extremists.” Japanese nationals would be barred from traveling to Syria, Iraq, or other countries in pursuit of terrorist acts and from offering financial resources to terrorists and extremist groups, in line with domestic law.

In late October, after negotiations for Yukawa’s release had collapsed due to Tsuneoka’s detention, the freelance journalist Kenji Goto arrived in Syria, seeking to establish contact with ISIS and free Yukawa, a friend he had met the previous spring. On October 25, he vanished. His family received an email in November demanding a $10 million ransom for his return. The Japanese government knew he had been kidnapped but did not make the news public.

“I am fully open to helping the Foreign Ministry engage in discussions with ISIS if the Japanese authorities allow me to.”
Government officials have not contacted Tsuneoka or spoken with Goto’s mother, Junko Ishido, since Goto, 47, and Yukawa appeared in the ISIS ransom video this week. On Friday morning, a tearful Ishido appeared at a press conference at the Foreign Correspondents Club of Japan and pleaded with ISIS to spare her son.

Tsuneoka, who took the Muslim first name Shamil when he converted to Islam in February 2000, began traveling to Muslim countries including Syria in 1992, where he sought to make contact with Islamist groups to report more accurately on the Middle East. He has since met with groups affiliated with al Qaeda and with Taliban and ISIS commanders, he says, and he showed The Daily Beast a picture of himself sitting beneath a black ISIS flag with a man he identified as an ISIS commander named Omar Ghrabah. The picture was taken in October 2013 in a village in Syria’s Idlib Province, he said.

“The first time I met Omar Ghrabah, I didn’t even know I was in his territory,” Tsuneoka said. “When I realized it, I thought I was in great danger, but I was relieved when he told me that I didn’t need to be worried because I was introduced to him by the commander of Jund al-Sham, another Islamic group.” He added, “I was well treated by Omar Ghrabah and I really felt welcomed.”

With the ISIS deadline looming for the two hostages, Tsuneoka and Nakata, the interpreter, are not in touch with the ISIS commander. Because of the police investigation, the two asked the group to delete their online communications and the Facebook account they used. Tsuneoka says he is not optimistic about the fate of the hostages.

“As the situation has suddenly taken a dramatic turn, I do not think that the hostages will be released,” Tsuneoka told a press conference Thursday. “However, I am fully open to helping the Foreign Ministry engage in discussions with ISIS if the Japanese authorities allow me to.”

There has been some speculation in Japan that the government’s inaction leading up to the release of the hostage video was an attempt to deepen the country’s involvement in the fight against ISIS and justify its remilitarization. Since last year, Abe and his Cabinet have been pushing for a reinterpretation of Japan’s pacifist constitution under the guise of “collective self-defense” that would allow Japan to go to war with its allies. They also have announced intentions to abolish Article 9, the Japanese constitutional clause that forsakes warfare. These moves have met with widespread opposition among the Japanese but have been downplayed in Japan’s increasingly compliant media.

Now a backlash against the government’s handling of the crisis is growing, with thousands of people tweeting, with some sarcasm, that the prime minister should give himself up to ISIS in exchange for Goto.

Abe told reporters in Jerusalem on Tuesday that the hostage taking was “unforgivable” and vowed to rescue the two men. “We strongly urge the group not to harm the Japanese,” he said. “Either way, Japan will not buckle to terrorism.”

Still, the Japanese government has not answered some important questions: When did the authorities learn that Goto had been kidnapped and why did they hush it up? Why have they spurned offers of help from individuals who might be able to negotiate with ISIS—unless they don’t really want the hostages to be rescued?


An official English-language statement issued by the Ministry of Foreign Affairs on January 20 is a masterpiece of obfuscation and bizarre prose that does not even acknowledge that Japanese nationals were kidnapped.

One thing is clear: Two Japanese nationals are now pawns in a proxy war between Japan and ISIS, and for both sides, the men appear to be expendable.
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
YAHOO! JAPAN NEWS ニュース   2015年1月26日(月)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150126-00000007-pseven-soci

安倍首相中東訪問 外務省は時期悪いと指摘も首相の反応は逆

NEWS ポストセブン   1月26日(月)7時6分配信

 安倍晋三首相は、1月17日〜21日にかけて中東歴訪を行なったが、出発前の1月7日にフランスで週刊紙銃撃テロ事件が起きると、外務省内から今回の首相の中東訪問は「タイミングが悪い」という声が上がった。

 ところが、安倍首相の反応は逆だった。官邸関係者がこんな重大証言をした。

「総理は『フランスのテロ事件でイスラム国がクローズアップされている時に、ちょうど中東に行けるのだからオレはツイている』とうれしそうに語っていた。『世界が安倍を頼りにしているということじゃないか』ともいっていた」

 周囲はその言葉を聞いてさすがに異様に感じたという。関係者が続ける。

「総理は総額25億ドル(約3000億円)の中東支援についても、『日本にとってはたいしたカネではないが、中東諸国にはたいへんな金額だ。今回の訪問はどの国でもありがたがられるだろう』と自信満々で、常人の感覚とは違うなと感じた」

 テロは対岸の火事で、自国民の人質には一顧だにしないのが「積極平和外交」の実態だったのか。

 そして現地で情勢は一転する。1月20日に日本人2人の殺害予告ビデオ公開を受けてイスラエルで記者会見に臨んだ安倍首相の顔からはすっかり自信が消えていた。

 会見ではプロンプターの文字を必死に追って話すのが精一杯で、外国メディア記者からの「日本の過去の身代金支払いが原因ではないか」という質問には一言も答えなかった。

 安倍首相は「テロとの戦い」をことさら強調し、フランスのテロ事件を「ツイている」と喜びながら、米国のケリー国務長官をはじめ、英、独の首相はじめ40か国以上の首脳が集まった追悼式典(1月13日)(注1)には無視を決め込んだ。日程的余裕があったにもかかわらず、山梨の別荘で休暇を過ごしながら祖父と父の墓参りで「衆院選勝利」を報告し、式典に駐仏大使を出席させただけだった。

 フランスで起きたテロは外交パフォーマンスに都合のいい対岸の火事と捉え、まさか日本が標的になるという洞察も備えもなかったことがわかる。

※週刊ポスト2015年2月6日号

注1  阪神・淡路大震災20年追悼式典
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
東スポWeb   2015年2月1日 13時9分
http://news.livedoor.com/article/detail/9738103/

後藤健二さんの母「悲しみが『憎悪の連鎖』となってはならない」

 イスラム過激派「イスラム国」を名乗る組織に拘束され、女死刑囚との人質交換要員になっていたフリージャーナリスト・後藤健二さん(47)を殺害したとする動画が1日朝、インターネット上に公開された。

 これを受けて、後藤さんの母・石堂順子さん(78)が午前10時から都内の自宅で会見を行い、紙にプリントしたコメントを悲痛な声で読み上げた。コメントは以下のとおり。

 健二は旅立ってしまいました。あまりにも無念な死を前に、言葉が見つかりません。
 今はただ、悲しみ悲しみで涙するのみです。
 しかし、その悲しみが「憎悪の連鎖」となってはならないと信じています。
「戦争のない社会をつくりたい」「戦争と貧困から子どもたちのいのちを救いたい」との健二の遺志を私たちが引き継いでいくことを切に願っています。


2015年2月1日 石堂順子

 順子さんの夫・行夫さん(78)によれば、順子さんは「イスラム国」が健二さんを殺害したとする動画がインターネット上に流れたことを、この日早朝にテレビで知ったという。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
The Huffington Post   投稿日: 2015年02月02日 01時55分
               JST 更新: 2015年02月02日 02時05分
http://www.huffingtonpost.jp/2015/02/01/wife-of-kenji-goto_n_6589524.html?ncid=tweetlnkjphpmg00000001

後藤健二さん妻「夫を誇りに思う」 支援団体通じ声明【イスラム国】

過激派組織「イスラム国」に殺害されたとみられる後藤健二さん(47)の妻は2月1日、イギリスのジャーナリスト支援団体を通じて声明を出した。「イラクやソマリア、シリアのような紛争地に住む人々の苦しみを伝えたことを誇りに思っています」と強調した。

声明は以下の通り。

    ◇       ◇

家族と私は、健二の死の知らせに打ちのめされました。彼は私の愛する夫、そしてかわいい2人の子供の父というだけでなく、世界中の多くの人々にとって息子、兄弟、そして友達だったのです。

彼が亡くなったことに大きな喪失を感じながらも、私は夫がイラクやソマリア、シリアのような紛争地に住む人々の苦しみを伝えてきたことを大変誇りに思っています。彼は戦争の悲劇を伝えるため、とりわけ子供の目を通じて市井の人々に与える影響に光を当てることに情熱を傾けました。

非常に厳しかったこの数カ月、私と私の家族を支えてくださった皆様に感謝を申し上げます。

皆様おわかりいただけるように、私たち家族にとってとても困難な時です。メディアの皆様、どうか私たちのプライバシーを尊重し、夫の死を受け入れられるまでの時間をいただければと思います。

リンコ
----
※声明は英語
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−











テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
安倍晋三の人質事件への低い警戒度 Low precaution to hostage in ISIS Behind the Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる