Behind the Days

アクセスカウンタ

zoom RSS 軍需産業はカネのなる木 手に入れた者たちは絶対に手放さない ”命を奪い合う社会”を拒否しないのか

<<   作成日時 : 2015/09/18 12:59   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

中国や韓国、ロシアをはじめとする諸外国に知人・友人がいる方は容易に想像できるだろう。それらの諸外国には戦争や外国への侵略行為などを望んでいない一般市民が確実に存在していることを。

そして、私は逆に疑問に思う。戦争や外国への侵略行為を望んでいる一般市民が本当に存在しているのかと。その国を訪問し、下町を歩いてみると、多くの一般市民は日本の一般市民と同じように日々の生活を営んでいる。

私は常々、米国や中国の一般市民との付き合いを通じて彼らに親近感を感じている。私の知人・友人たちは、日本に短期間滞在して私と一緒に仕事をし、自国に帰ってそれぞれの立場で活躍している。その一方で、私は、米国政府や中国政府には嫌悪感を覚えることが多い。そして、政治家同士のカードゲームに、一般市民を巻き込まないで欲しいと思っている。

安倍晋三の言う”中国などの脅威”とは、あくまで政治家同士のカードゲームの中での話に違いないと確信する。本来、そんなものは一般市民レベルでは存在しない。政治家が対立を煽り立てて作り上げた構図に過ぎない。政治家が煽り立てなければ、そんなものは生じない。あるいは、安倍晋三や自民党員たちの多くはそういう類の妄想の中で生きていると表現しても良いだろう。

軍需産業はカネのなる木。それを手に入れた者たちは絶対に手放さない。一般市民が戦争を望まなくても、いつの間にか彼らの話し合いによって仮想敵国が設定される。彼らのマリオネットは全国民の目の前でいつも偉そうにしている政治家である。

国家予算が公然と投入されることによって、軍需産業とそれを保護する政治家のフトコロが潤う。軍需産業の中には原発事業も含まれる。原発立地を受け入れるということは、戦争が起こる未来を許容するということである。(軍需産業以外にも、それに類似の癒着がありそうな気もする。)

”人の命を奪い合う社会”が実現してしまうことを拒否しないということがどれほど異常なことであるか。そのことに、多くの方々が気づくまで、この理不尽な争いごとは続いていくだろう。

それが”地球小学校”というシステムである。みんなが卒業できるまでもう少し時間が掛りそうだが、確実に学習は進んでいる。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【2015-9/19追記】
桃太郎は鬼ヶ島を制圧して財産を強奪。生き残った鬼の家族は復讐を誓うが、それを察知した桃太郎は鬼ヶ島を植民地と定め、搾取・略奪を繰り返す。”鬼たちの復讐への誓い”が、桃太郎にとって脅威であるから。
あなたが信じている”正義”は確かなものなのか?あなたが人生を終えるときに後悔しないように、今のうちによく考えておくことをお勧めする。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−







−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
画像

The Japan Times SEP 16, 2015
http://www.japantimes.co.jp/news/2015/09/16/asia-pacific/politics-diplomacy-asia-pacific/obama-host-chinas-xi-state-visit-next-week/#.Vft90tLtlBe

画像
U.S. President Barack Obama meets with Chinese President Xi Jinping at the Group of 20 Summit in St. Petersburg in September 2013. | REUTERS

ASIA PACIFIC / POLITICS

Obama to host China’s Xi in state visit next week

AFP-JIJI

WASHINGTON - President Barack Obama will offer his Chinese counterpart Xi Jinping a full state welcome at the White House on Sept. 25, amid deep and growing tensions between the top economic and political powers.

Obama and first lady Michelle Obama will host Xi and his wife, Peng Liyuan, a Chinese folk singing superstar, “at an official state dinner on the evening of Sept. 25,” said White House spokesman Josh Earnest.

The prestigious welcome comes after Obama made a similar trip to China in November 2014.

Xi is seen as one of the most powerful Chinese leaders in decades, but his vision of creating a “Chinese dream” and returning the country to great power status has met economic headwinds.

After decades of breakneck growth, the Chinese economy is weakening, creating a worldwide ripple effect, from slower trade volumes to skittishness on global equity and commodity markets.

The visit will be an opportunity to “expand U.S.-China cooperation” and “address areas of disagreement constructively,” said Earnest, in a nod to problems ranging from cyberattacks to Beijing’s controversial maritime claims.

Ahead of the visit, Obama has warned that the scale of cyberattacks from China was “not acceptable,” and officials have floated the idea of sanctions.

China could “choose to make this an area of competition,” Obama said, but he issued a stern warning: “I guarantee you, we will win if we have to.”

Both the United States and China have developed vast cybersecurity and intelligence gathering capabilities.

Beijing has been blamed for a recent breach of U.S. federal government personnel files that left millions of officials — including some at the very top levels — exposed.

“We have been quite clear that the United States does not engage in the kind of cyberactivity that yields a significant financial benefit for American companies,” said Earnest.

“That’s precisely the kind of behavior and activity that we’ve raised concerns about with regard to China.”

The White House is also deeply concerned by a series of Chinese claims to disputed territories in the South and East China Sea.

A Chinese admiral this week raised eyebrows by claiming that the entire South China Sea belongs to China, because it has China in the name.

Beijing has long staked a claim to around 90 percent of the South China Sea, but much to the anger of Vietnam, the Philippines, Taiwan, Malaysia and others has in the last decade moved to realize that claim.

Beijing has intensified its building on disputed atolls, and deployed fishing vessels and military equipment to disputed zones.

Xi’s visit is also likely to see sharp words over China’s control of its currency, which Washington says contributes to vast trade imbalances by boosting Chinese exports.

But executives from America’s largest companies called on Obama and Xi to focus on the positive and make progress in securing a bilateral investment treaty.

A group of 94 CEOs have written to the two presidents to say a “high-quality” agreement would have an “immediate and tangible impact for both of our economies.”

Among the signatories are Berkshire Hathaway’s Warren Buffett, Apple’s Tim Cook, Facebook’s Mark Zuckerberg and Lloyd Blankfein of Goldman Sachs.

The investment treaty may provide better reciprocated market access for U.S. and Chinese firms.

But negotiations so far have seen repeated efforts to carve out exceptions in sectors ranging from banking to aerospace, making the agreement patchy.
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−















安倍晋三の言う”中国などの脅威”とは、あくまで政治家同士のカードゲームの中での話 →【軍需産業はカネのなる木 手に入れた者たちは絶対に手放さない ”命を奪い合う社会”を拒否しないのか】 http://bit.ly/1iB2hj1 https://pic.twitter.com/3l6NoPlfAm

桃太郎は鬼ヶ島を制圧して財産を強奪。生き残った鬼の家族は復讐を誓うが、桃太郎は鬼ヶ島を植民地と定め、搾取・略奪を繰り返す。”鬼たちの復讐への誓い”が、桃太郎にとって脅威であるから。 http://bit.ly/1iB2hj1 https://pic.twitter.com/3l6NoPlfAm

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
軍需産業はカネのなる木 手に入れた者たちは絶対に手放さない ”命を奪い合う社会”を拒否しないのか Behind the Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる