Behind the Days

アクセスカウンタ

zoom RSS 安全保障関連法 参院本会議で可決・成立 反対90票 「国民の8割が安全保障関連法案に不安」

<<   作成日時 : 2015/09/19 13:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

このNHKの生中継をじっくりテレビにかじりついて拝見させて頂いたが、自分たちの問題点が指摘されているのに、ニヤニヤしながら談笑を続ける議員たちの姿に気持ち悪さを感じた。

だが、最も印象的だったのは、三原じゅん子がイライラしながら毒を吐きつつ悶絶しているような様子だった。一体何があったのか興味をそそられた。まあ気にしないでおくか、とも思ったが、三原じゅん子が一体どんな役割を担ってあの場所に座っていられるのか、その背景を調査してみる価値はあるかもしれない。(ちょっと気持ち悪いのは我慢する必要があるが。)


とにかく、疑問点の指摘や反対意見に対する十分な説明責任を放棄したことは民主主義の軽視・蹂躙である。そこまで無理をしてこのタイミングで強引に成立させる本当の意図は隠しておくつもりのようだが、その代償は大きいのではないかと予想する。

安倍晋三らの行為によって、今後、何が引き起こされるのか。安倍晋三らがこじあけた穴から、何が飛び出してくるのか。金がどこからどこへ流れていくのか。そういったことを止められなかったという責任は全国民が背負っていかなければならなくなった。

これから何が起こるであろうか。黙って見ているしかないのか・・・いや、一人一人、違う立場で努力できることはいろいろあるのではないか。

本来は安倍晋三らがすべき外交努力が放棄され、対立が生み出されるわけである。ならば、それと反対のことをすればよい。安倍晋三らの怠慢を、我々国民が補うしかない。一般市民レベルでの交流により、親交を深め、世界中に友人を増やすことが有効だろう。そこにおいて、軍需産業の暗躍に圧力を掛け続けることも重要かもしれない。相手が無用な警戒を持つからだ。一切の武器は必要ないわけであり、むしろ障害にもなる。

「そんな努力は途方もない時間と手間が掛かるから事実上無理だ」とあきらめて何もしないのだろうか。いや、何かしてみれば良いだろう。すでに標的にされ、いつ死ぬか分からない状況であるとも言えるのだから、せめてその時が来るまでの間、何でもいいから何かしてみてはどうか。人間活動や自然現象の中には単純な1+1の足し算では説明できないものがたくさんある。潜伏期間を経た後にネズミ算式に効果が現れる現象も存在する。個々の結びつきの中で引き起こされる未知の相互作用が見いだされるのではないか。

安倍晋三らの考え方は、むしろ、その逆であることがわかる。個々の結びつきを断ち切り、孤立させて情報を遮断し、未来への希望を奪っておいて絶望の中に突き落とすことによって、自分たちに従うことを要求するのである。これが彼らの望んでいることであり、そのためには憲法が邪魔なのである。基本的人権を主張されたら困るのである。でも、安倍晋三らは憲法に触れることができないのである。


ヘドロがびっしりと溜まり悪臭に満ちた沼には誰も近づきたくはないだろうが、それほど悲観する必要もない。複数種類の微生物の勢力争いの均衡が徐々にずれていくことにより、腐敗した沼底のヘドロは徐々に分解されていく。やがて、分断されたヘドロの小片が水面に浮かび上がってくるのを合図に、にごりのない透明な水が現れる。そして、休止していた生態系が活動を始める。

この宇宙のすべての出来事は、我々人間の意図・活動だけで引き起こされているわけではないはずである。人間が感じることのできない大きな力が働いているという可能性を考えてみてはいかがか。




−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
画像
画像
画像

NHK NEWS WEB   9月19日 2時22分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150919/k10010241451000.html

安全保障関連法 参院本会議で可決・成立

今の国会の最大の焦点である、集団的自衛権の行使を可能にすることなどを盛り込んだ安全保障関連法は、19日未明の参議院本会議で採決が行われ、自民・公明両党と次世代の党などの賛成多数で可決され、成立しました。これにより、戦後日本の安全保障政策は、大きく転換することになります。

今の国会の最大の焦点である、集団的自衛権の行使を可能にすることなどを盛り込んだ安全保障関連法案は、17日、審議を続けてきた特別委員会で、民主党などが抗議する中、採決が行われ、自民・公明両党と次世代の党などの賛成多数で可決されました。
これを受けて、19日午前0時10分から開かれた参議院本会議で審議が行われました。
最初に法案に賛成・反対双方の立場から5党による討論が行われ、このうち、自民党の石井参議院国会対策委員長代理は、「集団的自衛権の限定的な行使容認によって、日米同盟をより強固にして戦争を未然に防ぎ、わが国の安全を、より確実なものにできる。安全保障を巡る情勢は、いつ急変するか分からず、今すぐ準備を整えておくために必要な法案で、速やかな成立が不可欠だ」と述べました。
これに対し、民主党の福山幹事長代理は、「日本では、少なくとも40年以上、総理大臣や閣僚が、集団的自衛権の行使はできないとしてきた。歴史の歩みを軽んじ、法的安定性を壊すことに、なぜこんなに鈍感なのか。法案は、立憲主義、平和主義、民主主義を守ってきた戦後70年の歩みに背くもので、違憲であり反対だ」と述べました。
続いて、採決が行われ、記名投票の結果、自民・公明両党や、次世代の党、日本を元気にする会、新党改革などの賛成多数で、可決され、成立しました。
安全保障関連法の審議は、衆議院で、ことし5月26日から始まり、与党側は、国会の会期を通常国会としては過去最長の延長幅となる95日間延長して、今の国会での確実な成立を目指しました。そして、衆議院での委員会審議は116時間余り、参議院での委員会審議は100時間余りに上りました。
安全保障関連法の成立により、戦後日本の安全保障政策は大きく転換することになります。

賛成148票 反対90票
参議院での記名投票の結果、賛成は、自民党、公明党、次世代の党、日本を元気にする会、新党改革など合わせて148票でした。一方、反対は、民主党、維新の党、共産党、社民党、生活の党と山本太郎となかまたちなど、合わせて90票でした。

中谷防衛相「安全保障体制 1歩も2歩も進む」
中谷防衛大臣兼安全保障法制担当大臣は、国会内で記者団に対し、「法律は、日本の平和主義を維持しつつ、わが国の安全保障体制が1歩も2歩も進むもので、非常に意義がある。国民に十分に理解されていない部分があるので引き続き努力していく。今後は、特にアメリカ軍と、今まで対応できなかった部分も協力や訓練などができるようになり、わが国の抑止力の向上につながるので、しっかり連携できるようによく調整しながら対応していく」と述べました。

自民・谷垣幹事長「冷静な対応必要」
自民党の谷垣幹事長は国会内で記者団に対し、「いろいろと論点もあり批判もあったが、与党の政治家として日本の安全と平和の確保をどうするのか、結論を出すことができてほっとしている。理解が進んでいる面もあるが、具体的なものより感情的な議論になるので、それを乗り越えるために冷静に対応しないといけない」と述べました。

民主・岡田代表「極めて残念 大きな傷残した」
民主党の岡田代表は、国会内で記者団に対し、「極めて残念だ。憲法の平和主義と立憲主義、そして、日本の民主主義に大きな傷を残した1日になった。一内閣が、憲法解釈を勝手に変えてよいということが、まかり通ることになれば、国会での議論は意味が無くなり、絶対に認めるわけにはいかない。今後は、しっかりと国民を巻き込み、ほかの野党とも協力しながら、次の選挙で結果を出して、集団的自衛権の部分については白紙に戻したい。そのための戦いが、きょうから始まると思っている」と述べました。

公明・山口代表「なおいっそうの理解を」
公明党の山口代表は、国会内で記者団に対し、「かなり濃密な議論ができ、修正協議の成果を合意として生かすことができた。国民に、なおいっそうの理解をいただけるよう政府に対応を望むとともに、国会としても努力したい」と述べました。

維新・松野代表「強い野党を作らないと」
維新の党の松野代表は、国会内で記者団に対し、「私たちは独自案を作って、与党と修正協議もしたが、結局、本会議にもかけてもらえなかった。安倍政権の国会運営は、横暴、傲慢であり、今の国会で法案を成立させるべきではないという世論があるにもかかわらず、衆参両院ともに強行採決したことは、本当に残念でならない。強い野党を作らないと国民の意思と違う法律が、強行採決で通ってしまうので、この状況に歯止めをかけなければならない」と述べました。

共産・志位委員長「戦争法廃止の出発点に」
共産党の志位委員長は、国会内で開かれた衆参両院の議員団の会議で、「憲法違反の法律を、与党が数の暴力で成立させたからといって、そのままにしておくことは絶対に許されない。立憲主義と、法治主義、それに法の支配が、土台から崩されようとしている。きょうを新たな出発点にして、『戦争法』を廃止し、日本の政治に立憲主義と民主主義を取り戻す戦いに立ち上がろう」と述べました。

次世代・和田幹事長「抑止力確実に高まる」
次世代の党の和田幹事長は、国会内で記者団に対し、「平和と安全を守るために必要な法案であり、成立して安心している。これで、日本の抑止力は確実に高まるが、それでも足りない部分があるので、党としても、安全保障体制をさらにしっかりと強固なものにしていきたい」と述べました。

社民・吉田党首「強行採決は暴挙」
社民党の吉田党首は、国会内で記者団に対し、「憲法違反の、『戦争法案』を、数の横暴で採決を強行したことは、立憲主義、民主主義、平和主義を踏みにじる暴挙であり、安倍政権の終わりの始まりだ。今回、連携した野党5党で、今後もしっかり連携し、国民に背を向けた安倍政権の打倒に全力を挙げたい」と述べました。

生活・山本代表「無理やりに通した法案だ」
生活の党と山本太郎となかまたちの山本代表は、国会内で記者団に対し、「ルールを大幅に踏み外して、無理やりに通した法案だ」と述べました。
また、採決の際、いわゆる「牛歩戦術」をとろうとしたことについて、「何の意味があるのかと思う人もいると思うが、国民の8割が安全保障関連法案に不安を持っているので、国会の中で戦っていく意思を見せて、1秒でもあらがわないと、自分が政治家としてここにいる意味がない」と述べました。

元気・松田代表「問題多いが歯止めかけた」
日本を元気にする会の松田代表は、「法案は、正直言って、問題や欠陥が多いといまだに思っているが、少しでも危険を減らすために、修正協議を自民・公明両党と行ってきた。断腸の思いで賛成したが、自衛隊の海外への派遣に関して、歯止めをかけることができた」と述べました。

改革・荒井代表「修正を評価 十分説明したい」
新党改革の荒井代表は、「安全保障の極めて重要な転換点だ。自民・公明両党が一緒になって寛大な気持ちで、われわれ3党の修正案をのんだことは、国民の声をくみ取ったものと評価したい。ただ、国民の間にはまだまだ不安があるので、法案に賛成した立場として、十分、説明をしていきたい」と述べました。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
画像
河北新報   2015年9月14日(月)

安保法案と自衛官 海外派遣先で民間人を誤射、死亡させたら・・・ 「法の空白」、議論少なく



■業過致死の規定はなし




■イラクなどでは実例も




■軍法会議は設置できず



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−














安倍晋三と中谷元は速やかに逮捕されるべきではないのか。公共危険罪とは不特定多数の人の生命・身体・財産を危険にさらす罪。 → 【海外派遣先で民間人を誤射、死亡させたら・・】 http://bit.ly/1ioB2rm https://pic.twitter.com/0XhwTbVQax


安倍晋三や中谷元や三原じゅん子や櫻井よしこが自費・自己責任で海外に行って日本を守るなら誰も文句は言わない。どうしてさっさと行かないのか。 → 【海外派遣先で民間人を誤射、死亡させたら】 http://bit.ly/1ioB2rm https://pic.twitter.com/0XhwTbVQax


【安全保障関連法 参院本会議で可決・成立 反対90票 「国民の8割が安全保障関連法案に不安」】 Behind the Days http://bit.ly/1ioB2rm https://pic.twitter.com/dN5Ts5sudS

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
安全保障関連法 参院本会議で可決・成立 反対90票 「国民の8割が安全保障関連法案に不安」 Behind the Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる