Behind the Days

アクセスカウンタ

zoom RSS 核禁止条約交渉会議 サーロー節子さん、人の道を外れた核兵器の抑止力に頼る日本政府を強く非難

<<   作成日時 : 2017/04/01 18:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

核廃絶に向けた第一歩は、核兵器の非人道性を世界共通認識として確認し合うことである。それがこの会議の目的であることは明らかである。その会議にどうしても参加できない日本政府。

今回の日本政府の対応が意味する所はただ一つである。「核軍縮するつもりはない」ということである。同時に、「核軍縮に取り組んでいるようなフリだけしておけば多くの国民の目をごまかせる」と思っているということである。なめられたものである。その通りになりそうな気配に恐怖を感じるのが正常な感覚だと思う。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
画像

河北新報   2017年03月30日木曜日

核禁止条約交渉 被爆女性「裏切られた」
サーロー節子さん 日本の不参加非難


 【ニューヨーク共同】「核兵器禁止条約」制定に向け、ニューヨークの国連本部で開催中の会議で28日、カナダ在住の被爆者サーロー節子さん(85)が演説した。日本政府の交渉不参加表明について「被爆者は自分の国に裏切られ、見捨てられているとの思いが強まった」と強く非難した。
 声を震わせて被爆体験を語りながら条約制定を訴えたサーローさんに会場から大きな拍手が起こった。条約推進派の国々や「核なき世界」を訴える被爆者と、不参加を決めた日本政府の間に大きな隔たりがあることが改めて印象付けられた。
 サーローさんは、制定を目指す条約は核兵器を「人の道を外れており違法」と明確に定めるものだとして支持。核保有国や、その抑止力に頼る国々を「間違った考えにしがみついている」とし、「特に日本政府を非難する」と強調した。
 さらに、日本政府は外国の要人を広島に招き原爆被害を説明するなど核軍縮に取り組んでいると主張するが、米国の「核の傘」の下にいる間は「空虚な言い逃れだ」と切り捨てた。
 サーローさんは広島市出身。英語で被爆体験を伝える活動を続け、ノーベル平和賞の候補と取り沙汰されたこともある。
 会議では、交渉参加国が意見表明を行い、サーローさんのほか、1950年代に英国の核実験により被ばくしたオーストラリアの先住民アボリジニの女性、スー・ハセルダインさん(66)も演説。がんの多発などの被害を訴えた。
 ハセルダインさんは共同通信に対し、オーストラリアが米国の核の傘を優先し、禁止条約の交渉に参加しなかったことについて「とても恥ずかしいことだ」と述べ、落胆をあらわにした。また、日本の不参加についても「失望している。参加すべきだと思う」と語った。


「あなたがいてくれたら」日本代表席に折り鶴

 【ニューヨーク共同】「核兵器禁止条約」の制定を目指し、ニューヨークの国連本部で行われている会議で不参加を表明し、空席となった日本代表の机の上に28日、非政府組織(NGO)の核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)の関係者が「wish you were here(あなたがここにいてくれたら)」と書かれた折り鶴を置いた=写真=。
 折り鶴は平和と核廃絶への願いの象徴。広島で被爆後、12歳で白血病のため亡くなった佐々木禎子さんが闘病中に作った折り鶴は各国に贈られている。昨年5月に広島を訪問したオバマ前米大統領も自作の4羽を原爆資料館に寄贈した。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
『炎〜あなたがここにいてほしい』
(原題:Wish You Were Here)

(1975年に発表されたピンク・フロイドのアルバム)
  ↓
Wikipedia
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
画像

河北新報   2017年03月30日木曜日
http://www.kahoku.co.jp/editorial/20170330_01.html

社説 「核禁止条約」交渉/日本の不参加 納得できぬ


 多くの国民が理解も納得もできないのではないか。
 「核兵器禁止条約」制定に向けて110カ国以上が参加し、ニューヨークの国連本部で31日まで開かれている多国間交渉の場に、日本政府代表の姿がないことだ。会議初日に不参加を表明した。
 オーストリアやメキシコを含む条約推進国は、7月までに条約案を作成する考えだ。
 目指すのは、破滅的で非人道極まる結末をもたらす核兵器の「非合法化」である。この国際的な取り決めで「使用」はもちろん、「保有」も違法とされれば、核兵器は持てなくなる道理だ。廃絶につながる大きな一歩である。
 だが、国際社会に核廃絶を訴え続け、本来なら主導すべき「唯一の戦争被爆国」が、その歴史的な交渉に背を向ける「矛盾」の決断をした。
 「同じ苦しみをどの国の誰にも味わわせてはならない」と、禁止条約制定を求める被爆者の悲願を踏みにじり、核軍縮の進展を願う国際潮流にも逆らう安倍政権の決定だと言わざるを得ない。
 昨秋の条約制定交渉開始決議に日本は反対票を投じた。だが岸田文雄外相は交渉には参加する意向を示していた。核保有国と非核保有国との「橋渡し役」になるためだ。
 確かに米英仏中ロの核保有五大国は交渉に参加していない。しかし、そうであれば、むしろ交渉に参加し議論の中で発言力を確保し、いずれ核保有国が参加できる条約づくりに努めるべきではなかったか。これでは、橋渡し役をも放棄したと同然だ。
 日本政府が不参加を決めたのは、核保有国抜きの交渉に意味はなく、保有国と非保有国との分断を一層深めるからという。しかし、その核心は核開発を続ける北朝鮮に対応するためには、米国の「核の傘」に依存せねばならないからにほかならない。
 このことを日本政府は国連の場で、核軍縮には「現実的な視点」が欠かせないと強調した。であれば、こちらの現実にはどう立ち向かうのか。
 核の傘を提供する米国のトランプ大統領は「核保有国として優位性を保つ」と、核戦力拡大に意欲を示している。言葉通りなら、かつての核軍拡競争をも招きかねない。
 核保有国の交渉による段階的な核軍縮を言い張る日本は看過できまい。だが、核の傘に守られているというもう一つの現実の方を重視し、軍拡に乗り出しても、見て見ぬふりを決め込むのだろうか。
 核兵器の偶発的な爆発、破滅的な人道被害から身を守るすべは核全廃以外にない。この当然の理念を安倍政権はいま一度、かみしめるべきだ。
 条約ができれば、核は違法が国際規範となり、核保有国の行動をも縛るはずだ。核廃絶という山の頂を極めるルートは、段階的核軍縮だけではあるまい。禁止条約は、その一つになり得る。交渉参加を再考すべきではないか。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
河北新報   2017年03月29日水曜日
http://www.kahoku.co.jp/naigainews/201703/2017032901000825.html

被爆者、日本の不参加批判 核禁止条約で「裏切り」

 【ニューヨーク共同】核兵器の非合法化と廃絶を目指す「核兵器禁止条約」制定に向け、ニューヨークの国連本部で開催中の会議で28日、カナダ在住の被爆者サーロー節子さん(85)が演説した。被爆者は日本政府による交渉への不参加表明で「自分の国に裏切られ、見捨てられた」と感じたと厳しく批判した。
 声を震わせて被爆体験を語りながら条約制定を訴えたサーローさんに、会場から大きな拍手が起こり、しばらく鳴りやまなかった。条約推進派の国々や「核兵器なき世界」を訴えてきた被爆者と、不参加を決めた日本政府の間に大きな隔たりがあることが、改めて印象付けられた。

画像
28日、ニューヨークの国連本部で被爆体験を語るサーロー節子さん(共同)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
河北新報   2017年03月29日水曜
http://www.kahoku.co.jp/naigainews/201703/2017032901001445.html

核会議、日本代表の空席に折り鶴 「あなたがいてくれたら」

 【ニューヨーク共同】「核兵器禁止条約」の制定を目指し、ニューヨークの国連本部で行われている会議で不参加を表明し、空席となった日本代表の机の上に28日、「wish you were here(あなたがここにいてくれたら)」と書かれた折り鶴が置かれていた。
 折り鶴は平和と核廃絶への願いの象徴。広島で被爆後、12歳で白血病のため亡くなった佐々木禎子さんが闘病中に作った折り鶴は各国に贈られている。昨年5月に広島を訪問したオバマ前米大統領も自作の4羽を原爆資料館に寄贈した。

画像
28日、ニューヨークの国連本部で開かれた「核兵器禁止条約」交渉の日本政府代表の席。空席となり折り鶴が置かれていた(共同)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
河北新報   2017年03月28日火曜日
http://www.kahoku.co.jp/naigainews/201703/2017032801001032.html

核禁止条約交渉が開幕 日本は不参加を表明

 【ニューヨーク共同】核兵器を非合法化し、廃絶を目指す「核兵器禁止条約」制定に向け、ニューヨークの国連本部で27日(日本時間同日深夜)に始まった会議で演説した日本の高見沢軍縮大使は、核兵器保有国が参加しないまま条約交渉を進めれば国際社会の分断が深まるとして「建設的かつ誠実に参加するのは困難」と述べ、交渉への不参加を表明した。
 岸田文雄外相は28日、首相官邸での記者会見で「交渉には参加しない」と表明。唯一の被爆国として国際社会に対して核廃絶を訴えてきた日本が、核兵器を禁じる史上初めての条約制定交渉に加わらないことに、被爆者らからは強い憤りの声が上がっている。

画像
27日、ニューヨークの国連本部で行われた「核兵器禁止条約」制定に向けた会議で演説する高見沢将林軍縮大使(共同)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−








【核禁止条約交渉会議 サーロー節子さん、人の道を外れた核兵器の抑止力に頼る日本政府を強く非難】 | 「空虚な言い逃れだ」 「いずれ核保有国が参加できる条約づくりに努めるべき」 http://bit.ly/2olrDHX

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
核禁止条約交渉会議 サーロー節子さん、人の道を外れた核兵器の抑止力に頼る日本政府を強く非難 Behind the Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる