Behind the Days

アクセスカウンタ

zoom RSS 原爆放射線被ばくの影響の過小評価を指摘 → 「植物が語る 放射線の表と裏」鵜飼保雄氏、2007年

<<   作成日時 : 2013/08/04 22:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

「第17章 放射線が人体に与える遺伝的影響は心配無用か・・調査の結果、被爆世代では甲状腺がんや白血病など種々のがんの発病率が増加することが認められた・・被爆二世への遺伝的影響も問題とされるようになった」

「被爆二世を調査した結果の集大成・・ニール・・植物および動物で行われたすべての実験で照射により突然変異が起こっている。同じことが原爆による放射線被ばくでも人間に起こっていることはほとんど疑いがない」

「ニール論文の問題点・・第一・・調査されたのは、被爆生存者でしかも子をもつことができた人々の集団・・未婚で終わった人々や子をもてなかった人々を含んでいない

「第二に、対照区集団が二五〇〇メートル以上の遠距離にいた被爆者であるということ・・10ミリグレイ以下であるから被爆の影響は無視できるとされた・・実際は40ミリグレイ程度」

二五〇〇〜三〇〇〇メートル地点では、約11パーセントの人が死亡ないし重症者であった。被ばくの影響をまったく受けていない人々を対照区としていないため、被ばくの影響が過小評価になっていることは疑いない」

「第三に、放射線被ばく原因として原爆爆発の1分以内に放出された瞬間放射線の効果だけに注目していて、フォールアウトや誘導放射能による被ばく、特に内部被ばくの影響をまったく考慮していない



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
以下、培風館の紹介サイトから転載
http://www.baifukan.co.jp/sinkan/shokai/078058.html

書籍名: 植物が語る 放射線の表と裏
著者: 鵜飼保雄(元東京大学教授 農博)
発行日: 2007/07/12
ISBN978-4-563-07805-8
定価: 3360円

放射線は社会に大きな利益をもたらす一方で,原爆や核実験など多くの人命を危険にさらす諸刃の剣である。
本書は,私たちの日常と深くかかわりがありながら,実はよく知られていない放射線の話題について植物を中心に紹介する。
第I部では放射線の基礎知識を,第II部では植物の品種改良を例に放射線がもたらす利益を,第III部では原爆や核実験が植物に与える悪影響を取り上げて解説する。
放射線の人間社会へのかかわりについて理解を深める上でも,示唆に富む好個の書である。

[主要目次]

第I部 放射線の生物効果

第1章 自然放射線の中で生きる
第2章 X線と放射性物質の発見
第3章 放射線の基礎知識
第4章 放射線をあてると植物はどのような障害を受けるか
第5章 ショウジョウバエで成功した人為突然変異の誘発

第II部 放射線の利益

第6章 放射線のさまざまな産業的利用
第7章 イネにX線をあてると増収するか
第8章 植物での突然変異の誘発法の発見
第9章 突然変異による品種改良を夢見た人々
第10章 レイメイとゴールド二十世紀
第11章 人為突然変異の特徴

第III部 放射線の悪影響
第12章 放射線が社会に及ぼす影響
第13章 原爆は植物にも変異を起こした
第14章 東西冷戦から生まれたガンマフィールド
第15章 低線量でも突然変異は起こるか―ムラサキツユクサによる検証
第16章 農牧地に降ったフォールアウトの行きつく先
第17章 放射線が人体に与える遺伝的影響は心配無用か
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
原爆放射線被ばくの影響の過小評価を指摘 → 「植物が語る 放射線の表と裏」鵜飼保雄氏、2007年 Behind the Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる