Behind the Days

アクセスカウンタ

zoom RSS 村中璃子(中村理子)氏、医療ジャーナリストを名乗り、不適切な取材強行 「利益相反など全くありません」

<<   作成日時 : 2016/04/07 18:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 5

近年、副反応疑惑が話題になっている子宮頸がんワクチン接種。その普及に不自然なほど熱心な村中璃子(中村理子)氏とは、一体どのような人物なのか。ここに参考になりそうな情報をメモしながら、私の感じたことをまとめておこう。

「医は仁術」の意味を調べると、「医は、人命を救う博愛の道である」(広辞苑)とあるが、さらに調べてみると、おおよそ次のような考え方を指すものであることがわかってくる。儒教の根本思想のひとつである”仁”とは一切を包容する分け隔てない心である。これに基づいて”医療”を行うということは、どのような患者であろうと分け隔てなく憐れみ救い助けるということになる。これすなわち”仁術”である。

一橋大広報誌『People』の記事を読んでわかる通り、村中璃子(中村理子)氏は、
「医は仁術」が尊いものとされる医学界においても、”(ワクチン)メーカーにとってのビジネスが、多くの幼い命を救うという社会的価値を生み出すのであれば、ビジネスを否定する必要はないと考えている”人物である。

ここで私が最も重要だと思う点は、
”巻き添えになって健康を害した(少数の)患者の苦しみに対して、医師として親身になって寄り添う”
という姿勢が欠如しているだけでなく、むしろ、そういった患者たちを攻撃し、存在そのものを社会的に排除しようとしているように見える点である。村中璃子(中村理子)氏は、健康を害した患者たちを、患者として見ているのではなく、邪魔者として見ているとしか思えない。

このことから想像されることは、”間違っても世間からそのように見られることがないように、細心の注意を払う”という努力を一切する気がないということである。また、目に見えない自然界の現象を素直に理解しようとする謙虚さに欠けているということでもあろうと思えてくる。

知的な言葉をちりばめながら冷徹な言葉を公言する態度から察するに、他者の心の痛みには全く無関心な人物であるように見える。記事中でほのめかされている通りに、「医は仁術」からは程遠い。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

村中璃子(中村理子)氏とは →
 一橋大広報誌 http://bit.ly/25HUzYk
 ほたかさん『子宮頸がんワクチン・・曲解』 http://amba.to/1MuIZJN
 みかりんさん『村中璃子氏の不適切な取材の全容』 http://amba.to/1Y7ZeNH
https://twitter.com/Behind_the_Days/status/717207132341465089

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

村中璃子(中村理子)氏の認識の相違とは?
”まさか嫌がられているとは思わなかったのだから私は無実です”とでも言うのか。
人の気持ちのわからない医師は取り締まって欲しいものだ。 →
みかりんさん『株式会社ウェッジからの取材に関する返事』 http://amba.to/1Vped7X
https://twitter.com/Behind_the_Days/status/720903614235959296

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「子宮頚がんワクチン・・これだけの数の犠牲者を出しているのに打てるわけがない・・犠牲者を前提とした再開は無い。科学的思考と人道的配慮があるとすれば、何をしてもいいのか」 → 
【私には理解できない】 Dr.和の町医者日記(長尾和宏氏) http://blog.drnagao.com/2016/04/post-5124.html
https://twitter.com/Behind_the_Days/status/717937481098727424

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

"99人を救うために1人を犠牲にしても構わない" と考える医者がいるとしたら、我が子の命を託すわけにはいかない。患者に寄り添っているように見えて、そうではない。軽視していい命など存在しない。その偏りに私は共感しない。 https://twitter.com/Behind_the_Days/status/717207132341465089
https://twitter.com/Behind_the_Days/status/717619405769707520

医師として寄り添うべき相手を間違えていると同時に、国民に理解してもらうために不可欠な謙虚さが欠けていると思います。”医療ジャーナリスト”と名乗る人物が、そんないい加減な存在であってはいけないと思います。 https://twitter.com/Behind_the_Days/status/717207132341465089
https://twitter.com/Behind_the_Days/status/717609784015323136

”典型的な成果主義者で、成果のためなら他人を踏み台にしても平気な顔”という印象。本人にその意識はないかもしれない。他人の心の痛みを感じることのない人物の声が大きいことは迷惑だが、開業しないでいてくれたことは不幸中の幸いであろう。 https://twitter.com/Behind_the_Days/status/717207132341465089
https://twitter.com/Behind_the_Days/status/717619531066114049

見えない利益享受者のために”未完成の開発品導入”が推進される時、少数だからという理由で被害者は見捨てられ、存在を否定される。繰り返し同じ構図が現れる。偏った正義を振りかざす成果主義者の口癖は、「利益相反など全くありません」である。 https://twitter.com/Behind_the_Days/status/717207132341465089
https://twitter.com/Behind_the_Days/status/717619658078101504

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−













【村中璃子(中村理子)氏、医療ジャーナリストを名乗り、不適切な取材強行 「利益相反など全くありません」】 Behind the Days http://bit.ly/1oEu2JP | 「"99人を救うために1人を犠牲にしても構わない" と考える医者がいるとしたら、我が子の命を託すわけにはいかない」

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
あなたは20年後、
子宮頸がんに罹患し、若くして子宮を取らなくてはならない、そして自分の子供を授かることを諦めなければならなくなる人が、他国に比べ突出する地獄に直面することになる。

あなたは無関係な立場を貫き、だんまりをを決めこめばいい。癌にかかってしまった人は運が悪かった。不幸だったと。

しかし医師は違う。1人の医師として、科学者として、そして人として、科学的にそんな地獄が自明であるとしたら、防ごうと努力するのは当然のことだ。

今から頸がんワクチンを打とうか打たまいか、迷う親子には十分にコミュニケーションをとり、ワクチンへの理解を求めていきたいとも思う。

しかし全く無関係なあなたが、非科学的な戯言を垂れ流すことに、なんの社会的価値もない。
医師
2017/12/07 00:17
”医師”と名乗るあなたへ。
あなたが本当に医師なのか疑問がありますが、とりあえずコメントを残して頂きありがとうございます。
未来をあまりに断定的に記述するあなたの文章から察するに、あなたは科学者ではないように感じられます。
そして、そもそも、私が書いた本文を全く読んでいないことが明白なコメントを書き残されました。
私の本文をきちんと読む気のない方や予言を科学と信じる方と議論する気はみじんもありません。
そんな議論になんの価値もないと思うからです。
少なくともあなたのコメントを読む限り、かなり偏執的な印象がにじみ出ており、その点からあなたは医師ではないか、あるいは、医師であったとしても患者に寄り添うタイプではないように感じます。
科学的に自明であるとは、そんなに簡単ではないと思います。
以上、あなたのコメントに対する私の感じ方を書き残しておきます。
エム(管理人)
2017/12/07 11:23
子宮頸がんワクチン問題について積極的に発言してきた村中璃子(@rikomrnk)氏が緊急帰国し、ジョン・マドックス賞を受賞したことに関連して「今日のニコ生の方、いかがでしたでしょうか・・・」などとツイート&返信していた時間帯が2017年12月6日の21:56〜23:13だったということはメモしておきます。その後、この”医師”は村中氏のネットでの評判でも調べてみたのかな。そんな流れが想像できて面白かったです。

「科学的にそんな地獄が自明であるとしたら」という仮定はまあ良いのですが、「地獄に直面することになる。」と断言している所は科学者なら絶対に使わない表現であるし、脅迫めいた表現でもあります。恥ずかしくて、とても実名では使えない表現です。表向きには社交的であるように見せながらも、内心では他人への憎悪に満ちた人物なのかと察せられます。

未来を確定したものとして予言したという事実をもって、この”医師”はもはや科学者ではないし、医師になるべき人間でもないと私は思う。この”医師”がワクチンへの理解を求めたとしても、冷静な相手であれば理解されることはないのではないかと思えます。
エム(管理人)
2018/01/13 19:42
利益相反とか検証し得ない問題はともかく、村中璃子氏の語り口について感じること

科学的議論や研究業績が見当たらず自分の無知に謙虚な研究者というより、自分の主張したいことを押し通すために手段をつくす人という印象。

10万個の子宮といった感情に訴えるセンセーショナルな表現については強い抵抗を感じる。1年間の子宮癌罹患率は約1万であるが(子宮摘出などの)治療により妊娠可能性が奪われるのはそのうち約半数に過ぎないし、毎年検診を受けていれば子宮癌で妊娠できなくなる可能性はさらに大きく低下する。

「子宮頸癌ワクチンの場合、インフルエンザワクチンやB型肝炎ワクチンと比較して高度の副反応を訴える人が多いのは何故か?」という根本的な疑問に答えることができないのであれば国としての推奨から外れるのは止むを得ない。例えば毎年子宮癌検診を受けながらさらに優れたワクチンが開発されるのを待つ、といった立場も有り得る訳で
国としてはなるべく正確かつ客観的数字を示した上で国民個々の判断に委ねるのが現状では妥当ではないかと思う。

心療内科医
2018/01/20 06:59
"心療内科医"様

素人にも分かりやすいコメントを頂戴し、大変ありがたいです。謙虚な方の意見は目立たなくなりがちなので、貴重なコメントかと思います。ありがとうございました。

一方で、センセーショナルな言葉を使ったり"声"が大きかったりする場合、都合の悪い部分(謙虚さの欠如・見識のなさ?)を隠そうとしているのかなと思えてきます。素人は素人なりに、その辺りの不自然さを見抜く直感を磨く必要があるのかもしれません。何より、本来、官僚や政治家が・・・キリがないのでココでやめます。

エム(管理人)
2018/01/20 14:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
村中璃子(中村理子)氏、医療ジャーナリストを名乗り、不適切な取材強行 「利益相反など全くありません」 Behind the Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる