テーマ:その他

Behind the Days ブログ記事の閲覧数ランキング トップ13 2014-2/1現在

ご訪問頂いた皆様に御礼申し上げます。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1位/17563回 M8級警戒必要。東日本大地震の余震の可能性はいまだ下がらず。 2011/04/09 10:59 http://behind-the-days.at.webry.info/201104/articl…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮城県富谷町の巨大松ぼっくり これはビックリしますね

縁起が良いとは思わないけど。 ------------------------- 河北新報             2013年8月25日  「お宅の木、パイナップルがなっているよ」。そんなバカなと思いつつ、宮城県富谷町の上野正雄さん(72)が畑の松の木を見に行くと「うわ、本当だー」。  実の正体は巨大な松ぼっくり。30セ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノルウェーの光の渦巻き(2009年12月9日朝)のフォト&動画へのリンク

ノルウェーのオスロで、2009年12月9日朝、7:50~8:00に目撃されたとのこと。 きわめて興味深い見事な写真。手前の電線が確認できるから、つまらないねつ造ではなさそうではあるが、事実かどうかは確認のしようがない。誰かのいたずらだったら時間の無駄になる。 もしいたずらでないとしても、現代の物理学で説明しようという気は私に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『胆管がん:印刷会社で多発 労災認定 闘病の元従業員ら、会社への怒り新た』 【毎日新聞】

以下、記録しておきます。 ------------------- 胆管がん:印刷会社で多発 労災認定 闘病の元従業員ら、会社への怒り新た 毎日新聞 2013年03月27日 東京夕刊 http://mainichi.jp/select/news/20130327dde041040033000c.html  大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【Link】 『ある歴史修正主義者の愚行の顛末』 by abesinzou氏 + 関連サイト

一見平らに見える道路にも、つまづきやすい場所があるものです。 ちっぽけな小石に見えたものが、実は大きな石の一部だったりすることもあります。 でも落ち着いて観察していれば、何も恐れる必要はありません。 それは”ただの石”です。 ■『2008-05-10 ある歴史修正主義者の愚行の顛末』 by abesinzou氏 htt…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EiFYE氏の『Re:原発がどんなものか知ってほしい』に関連するメモ

--------------------------- ■「元」原発職員のNUCNUC氏のブログ 作成日時 : 2008/02/10 23:46 「原発がどんなものか知って欲しい」に騙される人々 http://nucnuc.at.webry.info/200802/article_1.html <以下、一部のみ引用)> …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

常連と荒らしの攻防の構図は今も同じ。

十数年前に遭遇した常連と荒らしの攻防。意図的に作り上げられた構図。無価値な批判合戦に純真な方々が巻き込まれていく中、「謙虚で素直な心こそが最大の武器だから恐れる必要はない」と発信し続け、やがて私も現実世界に戻った。その構図は今も同じだが、多くの共感の声の存在に大きな違いを感じる。 掲げている看板の大きさは以前とは違う。対立を助長さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「科学的に証明されている」という言葉で安心するかどうかは、個人の感じ方に依存する。

学校の教科書であれ専門書であれ、そこに書いてあることは先人の苦労の歴史であり、より多くの人々から支持されている考え方です。でも、それが宇宙の普遍的法則であるとは私は思いません。宇宙は広いんですから。理論は当時の実験データを説明するためのものとして作られます。 既存の理論では説明できない実験データが出てくれば、そこから新しい理論が提…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祝・なでしこジャパンの決勝進出 でも真の強さを持たない人間が「金メダルが欲しい」なんて言うべきでない

ロンドンオリンピック女子サッカーの予選・南アフリカ戦の あまりの盛り上がりの無さに落胆した人が多数存在する事実と 佐々木監督の「引き分け狙い」発言。 負けないようにするのは比較的簡単である。 逃げて隠れて勝負しなければ良いのだ。 柔道やレスリングでは、攻めなければ相手の得点となる。 バスケットボールも8秒以内に敵陣にボー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

攻めない”なでしこジャパン”に思うこと

「当然の戦略」と胸を張るのは結構。 一方で”無気力試合”で失格になっても文句は言えない立場であることを忘れるな。 自分達が楽をするために組合せをコントロールすることは 競技の公平性を無視している。 対戦相手に申し訳ない気持ちにならないなら応援する価値もない。 「応援する価値もない」というのは言い換えれば、 真の金メダ…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

疲れない海外フライトの選び方とマイレージの有効活用方法。 私の一例を紹介します。

最近気付いたことがある。エコノミークラスでも、フライト時間が10時間を超えなければ、あまり疲れないということだ。 海外出張の機会は年1~2回ほど。毎年の恒例行事みたいな感じだが、行き先は毎回異なる。もちろん、ビジネスクラスは選択できない。 そこで、疲れを貯めない具体的方法として、成田発で米国行きならサンフランシスコ、ヨーロッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こころの痛みを感じるとき、感じなくなるとき、そして客観的視点と感謝の念

近年急速に目立ち始めた"こころの病を抱えた若者たち"についての話題である。 久しぶりに会ったその方はこの問題を解決するための方法を必死に考えて、実際にそれをひとつづつ実行に移しているが、根本的原因がよく理解できないとおっしゃっていた。 一方、私の方は、この問題が、先人が築き上げてきた社会構造に内在していたひずみであり、社会構…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more