テーマ:07.原爆・核実験

原爆投下から半世紀以上たっても被爆者に白血病が多い。これほど長期間影響が残る原因の一つが分かった。

”放射線被ばくにより、ある特定の遺伝子が損傷すると、骨髄異形成症候群(MDS)や白血病を発症しやすくなる可能性がある。だから、放射線被ばくは極力避けるべきである” とストレートに表現してはいけない理由があるだろうか。 ------------------------ 河北新報               2013年09月1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『チェルノブイリ人民法廷』 自己の職業の名誉を賭けて立ち上がろうとせず、沈黙を続けてきた者たちを弾劾

なぜ、「放射線量の違いが効果として人間にどう表れてくるか、そんな研究は倫理上不可能」なのか。その答えは、そんな研究は人体実験そのものであるからです。 以下、一部のみ抜き書きする。 --------------------------- p.6 「警告が出された時には、まだ間に合ったはずだ  聞いておけば、どんなにか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典 被爆者代表・築城昭平さんの平和への誓い(平成25年8月9日)

長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典 被爆者代表・築城昭平さん... YouTube - pcast311さんより http://www.youtube.com/watch?v=Nubt-v5Mvio --------------------------------- 毎日新聞                 2013年8月9…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田上富久長崎市長 いかなる状況でも核兵器を使用しないことが人類の利益であることは、被爆地としては当然

やはり、日本政府には、核兵器を使いたい政治家が存在する。 天野万利(あまのまり)・軍縮会議政府代表部大使の言葉: 「『いかなる状況下でも核兵器を使用してはならない』という部分が、日本の安全保障政策と合致しない。」 -------------------------------- 東京新聞            2013年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

矢ケ崎克馬先生、八重美さんの直筆メッセージと写真を胸ポケットに 原爆の日:非核、妻に誓い

----------------------------------- 毎日新聞   2013年08月06日 12時16分               (最終更新 08月06日 13時22分) http://p.tl/gzs1 原爆の日:非核、妻に誓い 内部被ばくの危険性訴え  被爆地・広島は6日、68回目の鎮魂の日を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原爆放射線被ばくの影響の過小評価を指摘 → 「植物が語る 放射線の表と裏」鵜飼保雄氏、2007年

「第17章 放射線が人体に与える遺伝的影響は心配無用か・・調査の結果、被爆世代では甲状腺がんや白血病など種々のがんの発病率が増加することが認められた・・被爆二世への遺伝的影響も問題とされるようになった」 「被爆二世を調査した結果の集大成・・ニール・・植物および動物で行われたすべての実験で照射により突然変異が起こっている。同じことが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【自閉症・ADHDなど発達障害増加の原因としての環境化学物質】 『科学』

発達障害増加の原因としての環境化学物質に関する解説を紹介する。このような障害が引き起こされないようにする最大の方策は、予防であるという結論になるのは、その他の疾病の場合と違いはない。 以下に、私の独断で参考になると思われる部分を抜き出す。 ------------------------------ 『科学』(2013…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

太平洋核実験後におけるアレルギー性疾患被患率・ぜん息被患率・出生性比・がん罹患率の推移(日本)

【2013-6/25 がん罹患数の推移 と 原発の認可出力・利用率の推移 のグラフを追加】 ・仏・中国核実験(太平洋)1964~1974。 ・ネバダの核実験1951~1963は、米国の乳児死亡率の上昇と対応。 ・1979年スリーマイル、1986年チェルノブイリ。米国の乳児低体重率は、1980年に下降が止まり、1986年以降は上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NPT共同声明「人類共存へ核不使用を」の賛同国に日本は加わらず 大人の振りした子供

不可解な国、日本。 核兵器を使いたい政治家がいるということ。 強い武器を持てば崇拝されるという勘違い。 北朝鮮などは、米国(英国?)のやり方を真似しているだけ。  (戦争屋チャーチルの亡霊に支配されている?) 子供が大人の振舞を真似するのと同じ。 結局、偽りの均衡を守っていても、根本的解決にはならない。 核の傘を利用す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『「黒い雨」がんリスク増えず 放影研、広島と長崎1万3000人解析 手法には批判の声も』

原爆放射線の研究をしている沢田昭二名古屋大学名誉教授の話 「黒い雨を浴びなかった人も放射性微粒子の影響を受けたと考えられる」 「黒い雨に限って浴びたか否かで区分して比較した今回の調査で、両者に差がないのは当然」 「原子雲に覆われなかった地域の人々との比較が必要」                   ↓ 『「黒い雨」がん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自然放射性物質と原子力由来の放射性物質。 【Link】「スターングラス博士インタビュー」

自然にある放射性物質と原子力発電由来の放射性物質の違いに関するスターングラス博士の見解を紹介しておきます。           ↓ ----------------------- 「スターングラス博士インタビュー」 by Shing02氏 http://www.e22.com/atom/page08.htm -------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイゼンハワー原子力平和利用宣言と第五福竜丸、そして、日本最初の原子力予算案

1953年12月8日 ニューヨークの国際連合総会で、アイゼンハワー米大統領が原子力平和利用宣言。 1954年3月1日 ビキニ環礁での米軍による水爆実験「キャッスル作戦」を目撃した第五福竜丸。目撃者抹殺の恐怖を感じた無線長・久保山氏の判断で無線も打たずに全速力で日本に向かい、二週間後に瓶に詰めた死の灰(放射性降下物)を持ち帰るこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「戦後50年間、復興の努力をしてきた」とは言えなくなった日本 どんな立場で海外の見方にケチをつける?

仏テレビが震災被害を茶化し、日本大使館が抗議。 茶化されて当然ではないのか? 原爆で被爆し、自らの原発推進でまた被爆。 国は後遺症と被爆の関連性を否定し続け、 「積算20mSv」の狂った基準を示すことで 住民に安全と錯覚させる。 大手電機メーカは、危機管理能力のない政府・電力会社の 言いなりで原発事業を展開し、事業…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

被爆させる側の内部被曝隠蔽の目的と手段

以下、一部転載します。全文はオリジナルサイトをごらんください。 ************************ 矢ヶ崎克馬(琉球大学理学部教授)によるご講演要旨 「内部被曝──原爆・劣化ウラン兵器と人類への宿題」 http://www.geocities.jp/hokkaihankakuishi/yagasaki.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放射線に対する正しい理解とは? 「直ちに健康被害が出ないから安心してください。」 ではいつ出る?

学者や専門家だというのなら実験データを示してください。 必ず自分自身で実験したデータによる再現性チェックを行い、 結論の信憑性を十分吟味してください。 他人のデータを借用するだけだったり、 あやふやな言い伝えを根拠にするようなことは絶対にやめてください。 たとえば、 100μSv/hの環境で1ヶ月過ごした人の白血病や癌を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BBC、二重被爆者を笑い者にする? 英国は分かりやすい国だ

平和を願う米国民へのルーズベルトの背信行為。 それをたきつけた戦争屋チャーチル。 いまだにその暗い影を落としていることを象徴しているかのようなニュースだ。 (以下に引用する。) というより、その思想そのものが近代英国の土台だと考えると すべてのつじつまが合ってくる気がする。 別に私が英国民を嫌いな訳ではないが、 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more