テーマ:15.地震・災害

浜岡原発の東5.8km地点に震源 静岡県西部連続地震(北緯34.6度、東経138.2度)

そこに震源がある事実と向き合いましょう。 ------------------------ 気象庁 http://www.jma.go.jp/jp/quake/quake_local_index.html 各地の震度に関する情報 発生日時 震央地名 マグニチュード 最大震度 平成27年09月01日00時29分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「原発と大津波 警告を葬った人々」添田孝史著に東北大学名誉教授・首藤伸夫氏が登場

終戦後の貧しくて悔しかった思い出によって縛られてしまった強烈な信念 「原子力がない限り、日本の経済状況も生活状況も絶対に成り立ちませんよ。」 それが、福島第一原発事故の重大な原因の一つの候補であることを、本人は絶対に認めたくないだろうし、今現在も認めていないかもしれない。 ここに用いられている”絶対”という言葉ひとつで、首藤伸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「犠牲者の霊 時には癒しに 被災地で幽霊話を取材 ジャーナリスト・奥野修司さんに聞く」(河北新報)

「犠牲者の霊の存在を感じ、生きる勇気をもらう話が多かった」 「そんなに悲しまないで、と励ましてくれているのかな」 -------------------------------- 河北新報   2015年1月4日(日) http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201501/2015010…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フルMOXに賭ける下北半島は本州最北端の行き止まり 博打の巻き添えを食うのは青森県と函館市

最悪の事態に至った場合に、その地域はどのように取り扱われるだろうか(=どこまで除染費用が投入されるだろうか)。 青森と函館の存続について考える上で重要になってくるのは、やはり札幌の存在か。ちょっと想像してみる・・・陸路・空路・海路の利用状況は・・・福島県とは事情がだいぶ異なるように思われる。ちなみに、泊原発から東に60kmほど進む…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経産省原子力安全・保安院の小林勝室長らは貞観津波の再来リスク検討を提案するも複数の幹部から圧力

経済産業省原子力安全・保安院の小林勝室長らは貞観津波の再来リスクを検討するよう提案したが、複数の幹部からの圧力に屈した。 東電・吉田昌郎氏が「貞観地震の津波が大きかった」と指摘されても、東電側は具体的な検討を先送りした。 どう考えても、彼らは人間としてこの上もなく不誠実であるにも関わらず、立派な肩書を持ち、大多数の国民よりも高給…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石巻市の幼稚園と津波で園児死亡の遺族が和解 東日本大震災から3年と9か月

幼稚園側が園児の命を守る義務を果たしていなかった責任を認めたらしいが、ここまでこじれた経緯を振り返るに、もし正確に書くとすれば次のようになるのではないかと思えてきた。 「この3年と9か月の間、園児の命を守る義務を果たさなくても何もとがめられる筋合いはないと思って過ごしてきたが、世間がさわがしくなってきて、のうのうと平穏に暮らしづら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大規模余震の可能性を考えると福島第一原発(特に4号炉)は警戒すべき。リアルタイム放射線情報は有用だ。

地面に沈着した物質から来る放射線は外部被爆を引き起こす。一方、空気中を漂う放射性物質は、外部被爆のみならず、のどや肺などに取り込まれて局所的な内部被爆を引き起こす。【空間線量率の上昇分】はこの内部被爆の可能性につながるもの。同程度の数字であっても、危険性はまったく違うと考える。 【リアルタイム情報1:空気中放射性物質飛来の確認用リ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地震予知研究~観測データは隠されるのか? 北大・森谷武男博士

北大・森谷武男博士の地震予知に向けた研究が紹介されている。 北大地震火山研究観測センターの公式見解はちょっと残念である。 たとえ100回連続で的中させても、 注目を受ける中で”ハズレ”てしまうと、 公的機関としては大きなダメージを受けるだろう。 それを避けたい気持ちは理解できる。 でも、それを乗り越えて欲しいと強く願うも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関東=地震の目? 4/12現在、福島-茨城-千葉-長野北部-新潟が活発であるが・・・

先日、地震学者・木村政昭先生著 『「地震の目」で予知する次の大地震』 を立ち読みした。(木村先生すいません。) 木村先生の分析結果によると、 ある地域を楕円状に小規模地震群が取り囲む。 さらに、その内側で中規模地震群が取り囲む。 その楕円の中心部の空白地帯が「目」のような形に 見えてきた頃に、 その「目」の中で大規模…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シバさんのブログ記事 「福島原発以上に危険性のある高速増殖炉もんじゅで今起きていること」

よくまとめられています。 シバさんの懸念は当然のことであるし、 もんじゅが危険でない訳がないと私は思います。 シバさんのブログ記事   2011-03-29 「福島原発以上に危険性のある高速増殖炉もんじゅで今起きていること」 http://d.hatena.ne.jp/shiba_yu36/20110329/1301399…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

M8級警戒必要。東日本大地震の余震の可能性はいまだ下がらず。

4/7深夜の宮城県沖地震。仙台市中心部で震度6弱。 ドドドッと突き上げるような小刻みの縦揺れの後に 大きな横揺れが続いた。 震度4~5にはもう慣れてしまった感じがあるが、 今回はさすがにテーブルの下に飛び込んだ。 終わってみれば、強震度の時間は20秒間ほどで、 3/11ほどの脅威は感じなかった。 「M8級は数回、M…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仙台中心部で震度6超の地震を体験した

2011年3月11日、「東北地方太平洋沖地震」と命名されたとのことだ。 揺れの大きさだけではない。 テーブルの下に寝転んだまま、 これでもこれでもかと繰り返し揺さぶられ続け、 壁と天井がゆがんでひび割れていく様子を じっと見つめているしかなかった。 その間、2分程度ということらしいが、 私には5分にも10分にも感じた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more